BLOG/楽天市場

2021.05.14

楽天検索の最適化!キーワードの考え方とSEO対策について徹底解説

  • 目次
  •  楽天検索最適化の第一歩!検索ロジックについて
    • プラットフォームの透明性及び公平性の向上に関する取り組みについて
    • 検索順位を決定する基本的な事項について
    • ①検索キーワードと商品の関連性とは
      • 出現頻度とは?
      • 希少性とは?
    • ②検索キーワード毎の商品の人気度とは
  • 楽天市場でのSEO対策について【2021年11月最新】
    • 取るべきキーワードを選定する
    • 選定したキーワードで、検索結果で自店舗の商品が上位表示させるアクションをとる
      • 商品名、キャッチコピー、商品説明文に選定したキーワードを挿入する
      • RPP広告で、取りたいキーワードの設定をする
      • 【番外編】店舗内検索の活用
    • 効果検証をして、上記の1と2を繰り返す
    • 商品別のキーワード別の転換率を見る方法
  • 楽天市場での検索順位を上げるにあたって必要な要素の整理
    • 楽天SEOにおける消費者構造の把握、消費者理解
  • 楽天市場での検索結果一覧におけるCTRの上げ方
  • 終わりに

楽天検索の最適化!キーワードの考え方とSEO対策について徹底解説

楽天検索最適化の第一歩!検索ロジックについて

プラットフォームの透明性及び公平性の向上に関する取り組みについて

楽天市場での検索順位を上げるため、検索ロジックに沿った正しい検索最適化のポイントを解説します。
楽天の検索結果で上位をとれるようになることは、楽天で売上を上げていくためにはかなり重要ですよね。
そのためには楽天内のSEOについて、しっかり理解する必要があります。
楽天の検索ロジックは全てが公表されている訳ではありませんが、色々とヒントになる情報は出してくれているので、その辺にも触れていきたいと思います。

プラットフォームの透明性及び公平性の向上に関する取り組みについて

楽天の検索順位についてフォーカスして解説していきます。
ご紹介している内容としては、「プラットフォームの透明性及び公平性の向上に関する取り組みについて」という楽天が公表している楽天サーチに関するロジックについて、深堀したものです。
楽天SEOについては色々な情報が出回ってますが、上記は楽天側が公表している内容になりますので、概ね正しいと考えて差し支えないと思います。
以下、楽天の検索についての部分の抜粋になります。

検索順位を決定する基本的な事項について

楽天市場の商品検索においては、主に①自然言語処理による検索キーワードと商品の関連性、②検索キーワード毎の商品の人気度をスコアリングして検索順位を決定しております。
また、上記要素を常にモニタリング、反映しているため検索順位は常に変動します。

①検索キーワードと商品の関連性とは

検索キーワードと、商品の説明に出てくるキーワードの出現頻度や希少性を加味して商品のスコアリングを行っています。例えば、「軽い」という検索キーワードに対して、商品名や商品説明文で複数回商品の軽さについて説明されていた場合、「軽い」というキーワードに対して関連性が高いとみなします。 また、例えば「超軽量」というキーワードがついている商品が全商品に対して数が少なく希少だった場合、それらの商品は「超軽量」と検索された場合、よりスコアが高くなります。

「出現頻度」について

「取りたいキーワードについては商品名、キャッチコピー、商品説明文内にキーワードをいっぱい散りばめた方が良いよ!」ということです。
もちろんどのくらいの頻度が最適なのかは明記されていませんが、少なくても重要なキーワードは随所に記載すべきということですね。

「希少性」について

次に「希少性」についてひも解いていきましょう。

これは、「ある程度の検索ボリュームが存在していて、かつ競合店舗がキーワード設定していないキーワードを狙うと効果的」、という理解になります。
ややこしい話になってきましたが、この考えは楽天のSEOにおいて超重要になります。
「バッグ」というキーワードをとりたくても、通常は競合店舗も多数狙っているため、楽天の検索結果で上位表示することは難易度が高いです。
一方で、「バッグ レディース おしゃれ」などのように、(恐らく一定以上の検索ボリュームがあるという前提ですが)比較的「希少性が高い(=他がそんなに重要視していない)」キーワードは攻略できる可能性が高くなります。
上記の話は、グーグルの検索対策で良く出てくる「ビッグワードではなくスモールワードを狙え」みたいな話と似ていますね。
結論、楽天内のSEOにおいても同じ考え方で対策する必要があるということですね。
なお、希少性の部分については楽天内の検索キーワード別のボリュームをある程度抑える必要があります。
この辺は一般公開されていない情報になるので、ご担当のECCの方にご相談してみることをお勧めします。

②検索キーワード毎の商品の人気度とは

検索を行ったユーザーが、各商品にどう反応したかをモニタリングしユーザーが支持した商品に対して検索キーワードのスコアリングを高く評価します。
例えば、「マグカップ 軽量」と検索したユーザーが多く支持した商品に対して、「マグカップ 軽量」と検索された場合にスコアは高くなりますが、「マグカップ かわいい」と検索された場合支持されていない際は「マグカップ かわいい」という検索ではスコアを加点しません。
分かりやすいと言えば分かりやすいですが、これだけだと具体的なアクションに繋げるところまで辿り着くことができる人は少ない気がしますね。。
端的に言うと、「特定の検索キーワード経由の転換率/購入数を上げれば検索順位も上げるよ」ということです。

極端な話、友人100人に「バッグ」という検索キーワードで商品を購入してもらえば、「バッグ」というキーワードでの検索順位が飛躍的に向上することになります。(とはいえ、これはガイドライン違反になりますので、やめましょう。)
「狙ったキーワードで購入数を増やす」ということを合法的に対策していく必要があります。
ここまで楽天の検索ロジックについて、明確に公表されている内容を基に考察してきましたが、上記を基に具体的な対策方針を整理します。

楽天市場でのSEO対策について【2021年11月最新】

まずはSEOについての基本的な考え方について記載します。

  • 取るべきキーワードを選定する
  • 選定したキーワードで、検索結果で自店舗の商品が上位表示させるアクションをとる
  • 効果検証をして、上記の1と2を繰り返す

取るべきキーワードを選定する

まずは、これがスタートになります。
ここで重要になるのが、冷静に自店舗の立ち位置と目標売上を踏まえた作戦を考えることです。楽天で既に上位店に位置する店舗は、該当商品に関するキーワードを、優先順位を付けたうえで根こそぎ狙っていく必要があります。
「バッグ 女性」というキーワードで既に上位表示されている一方で、「レディースバッグ」というキーワードでは上位表示されない、というケースがよくあります。
(これは例えばの話になるので、上記のワードがそうなっているかどうかは不明です。)
これはそもそも「レディースバッグ」という検索キーワードでの人気度が低いことが原因である可能性が高いため、キーワード別に個別の作戦を立てましょう。
逆に、新規店など、これから売上を伸ばしていくフェーズの店舗は、「バッグ」などのビッグワードをいきなり狙わずに、「希少性が高い」キーワードを「出現頻度」を上げて、少しづつ、確実に流入数を増やしていく必要があります。(この辺も目標によって異なりますので、一概には言えませんが)

選定したキーワードで、楽天の検索結果で自店舗の商品が上位表示させるアクションをとる

取るべきキーワードの選定については、詳細は以前の記事で紹介しておりますので、今回は選定したキーワードで、どうやって上位させていくのかについて考えていきます。
以下では、具体的なアクションを3点ご紹介します。

商品名、キャッチコピー、商品説明文に選定したキーワードを挿入する

これは、皆様無意識的に実施されているかと思います。
ここで重要なのは、「優先順位を付けて、優先的に取るべきキーワードについては複数回盛り込むようにする」ということです。
前回の記事で「出現頻度」という話がありましたが、重要なキーワードについては一回だけではなく、繰り返しページ内で訴求するようにしましょう。
(昔よくあった「隠し文字」などは違反対象となるので、しっかり見えるように記載しましょう。)

RPP広告で、取りたいキーワードの設定をする

次に、RPP広告についてご説明します。
RPP広告は、楽天内の検索連動型の広告と認識頂いて大丈夫です。
RPP広告は商品別にキーワード設定をすることができ、この機能をフル活用して検索順位を底上げすることが可能です。
例えば、「バッグ」「バッグ レディース」というキーワードで検索順位を上げたいときに、必要なのは指定キーワード経由での「人気度(=検索ボリューム、転換率)」になりますが、
いくら商品名やキャッチコピーに「バッグ」というキーワードを盛り込んでも、競合が既に「バッグ」という検索キーワードでの販売実績を作っているため、いきなり上位表示させることは非常に困難です。
そんなときに活用できるのがRPP広告のキーワード指定、ということになります。
注意すべき点としては、指定キーワードでの販売実績が極端に少ない場合、キーワードで露出させるためのキーワード単価がけっこう高額となりますので、そこはご予算に応じてキーワード組みをしていく必要があります。

【番外編】店舗内検索の活用

取りたいキーワードを指定して、店舗内検索結果に飛ばすことで、疑似的に楽天サーチでの検索数を増やすことが可能です。
基本的な施策としては、上記の二つの方法を繰り返していく方法になります。
番外編として、最後に少しテクニカルな方法をご説明します。
(やり方がちょっと複雑で、かつ楽天GOLD内でjavascriptを使うことになるので、腕に自信がある方は是非チャレンジしてみてください。)

これは、店舗のトップページやカテゴリーページに商品を掲載するときに、直接商品ページに飛ばさずに、一度楽天内の店舗内検索結果に飛ばすようにして、取りたいキーワードを検索窓に挿入した状態で商品ページに入ってもらうことで、楽天サーチで検索されたのと同様の効果があるはず、というロジックを使った手法となります。
ただし、若干グレーな方法となり、楽天側も恐らく対策しているはずなので、一定期間に急激に一つのキーワードで検索流入が増えると、ペナルティの対象となりえるため、複数のキーワードをランダムで選定する、という少々テクニカルな仕組みが必要となります。
紹介しておいて申し訳ないのですが、まずは無理をせず、この方法以外でしっかり検索順位を上げる土台を作ることをお勧めします。

効果検証をして、上記の1と2を繰り返す

そして、ここが一番店舗運営者の腕が問われる部分となりますが、(当たり前かもしれませんが)やりっぱなしでは意味がないですよね。
選定したキーワードでの検索順位が上がっているか、キーワード別の転換率がどうなっているか、しっかり効果検証していきましょう。

商品別のキーワード別の転換率を見る方法

まずはRMSをお開き頂き、RMSのトップメニュー>データ分析>6.売上改善アクション、をクリックしましょう。
その中の「楽天サーチ流入改善」の「Step1 商品別検索キーワード」の部分をクリックすると、上位30商品の、商品別の検索キーワードとアクセス数、転換率を見ることができます。
この機能は比較的最近追加されてものになりますが、検索対策上、非常に重要なデータとなりますので、早速自店舗のデータを見てみることをお勧めします。

楽天市場での検索順位を上げるにあたって必要な要素の整理

まず、取るべきキーワードを決めた後に見るべき指標はその検索キーワード経由でのCTR(クリック率)、CVR(転換率)になります。この2指標が取りたい検索キーワードで高くなってくれば検索は上がるということです。
この2指標をあげていくのに最も大事なことが“その検索キーワードをどういう人が検索しているのか”という消費者構造の把握、消費者理解になります。

楽天SEOにおける消費者構造の把握、消費者理解

なぜここの消費者構造を把握しなければならないかと言いますと、例えば該当の商品が30代男性をターゲットにしているのに対して、出したいキーワードを検索する人が50代男性が多かった場合、相対的にそこをターゲットにしている商品が検索順位を上げることになってしまうからです。なので、しっかりとその検索キーワードをどのような人が調べているかを把握して、最もボリュームの多い層にアプローチしていくことが重要になってきます。

では、どのように消費者構造の把握、消費者理解をしていくのか説明していきます。

消費者構造の把握にあたってどれくらいの年齢層の人がそのキーワードを検索しているのか、男女比でいくとどちらが多いのか、このあたりを把握するのに最も手っ取り早いのが、
担当のECCに確認することです。担当のECCであれば、実数値を出すことは社外秘の内容になるので、教えてもらうことはできませんが、数字なしでのグラフ等は教えてもらうことができます。
そして、もう一つ方法がありまして、それは検索画面から把握する方法です。
その検索キーワードで楽天のトップページなどから検索した時にじっと睨めっこしてみてください。
上位10店舗の商品はその検索キーワードで人気度(CTR,CVR等)が高い商品になりますので、特に注目してみてください。
いろんな情報が飛び込んできますよね。その中でも消費者構造把握に最も役に立つ情報が商品第一画像です。ここの画像から上位に来ている商品の共通点を見つけます。

例えば、上記画像のように検索キーワード「レインコート」の場合ですと、上位に来ている商品の多くが自転車と一緒に写っている画像が多くみられます。
一方で検索順位が下位になってしまっている商品画像は自転車が写っていないものが多くなっていたりします。つまり、ここからわかることとしては、用途としては自転車に乗る時に使う。かつ30代くらいの女性が写っているものが多いので、その辺りをターゲットにすべきということも分かってきす。

このように消費者構造を把握する方法は2点(他にもまだあるかと思いますが・・)ありますので、ぜひ実際にやってみてください。

楽天市場での検索結果一覧におけるCTRの上げ方

さらに具体的に検索順位を大きく左右する検索経由のCTR(クリック率)のあげ方についてご紹介します。まず、検索した時に出て来る情報についてみていきます。

PCの場合ですと、下記情報がパッとみたときに見られます。

  • 商品画像
  • 商品名
  • 価格
  • ポイント
  • クーポン
  • 送料
  • レビュー点数
  • レビュー評価
  • あす楽可否
  • 39ショップログ
  • 店舗名

アプリの場合であれば

  • 商品画像
  • 商品名
  • 価格
  • 送料
  • ポイント
  • レビュー評価
  • 39ショップロゴ

この中でも最も重要な部分は商品画像と価格になります。

価格に関してはいうまでもなく同じ商品で価格が高すぎてしまうとクリック率はガクッと下がってしまいます。
その上で他者と最も他商品と区別を図るのに商品画像が大切になってきます。当たり前ではありますが、競合の画像が白い画像の中に赤い画像があるとユーザの目にとまるのはいうまでもありません。
なので、もし出したいキーワードで検索した時の画像の色がワンパターンであればチャンスですので、それ以外の色味で商品画像を作成してみてください。

下記の画像のような場合ですと、色味のついた画像の方がクリック率は高くなると言えます。

終わりに

以上、楽天市場の検索をロジックを元にどのようにして、各キーワードで検索順位を上げるか、必要なアクションについて記載しました。
検索対策はECで販売するにあたって最も重要なポイントになります。記載させていただいた内容以外でもより詳しく知りたいなどございましたら、下記フォームよりお問い合わせください。
今回は楽天市場での検索対策について解説しましたが、以下はヤフーショッピングでの検索対策になりますので、合わせて確認してみて頂ければと思います。

Yahoo!ショッピングの検索対策

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください