BLOG/Yahoo!/PayPayモール

2021.07.25

Yahoo!ショッピングの広告の種類と使い方

【記事の対象となる方】

  • まだこれからだが、事前にヤフーショッピングの広告売上を知っておきたいという方
  • ヤフーショッピングで本格的に売上を上げていくため、広告の利用を検討している方
  • ヤフーショッピングで広告をすでに利用しているが、いまいち活用方法がわからないという方

ヤフーショッピングで売上をあげるためには、検索順位を上げなければなりません。しかし、検索順位をあげるためには、売上をあげないといけないので、負のスパイラルに入ってしまいます。では、どうやったら売上を上げることができるでしょうか?「広告」をつかえばいいんです。この記事では、「広告」の使い方をお伝えいたします。

 

目次

  1. ヤフーショッピングにおける利用可能な広告種類と使い方
  2. 広告を活用した販売方法
  3. まとめ

1.ヤフーショッピングにおける利用可能な広告種類と使い方

ヤフーショッピングには、色々な広告があります。中でも利用頻度が高い広告について、説明していきます!

  • アイテムマッチ広告
  • PRオプション
  • ソリューションパッケージ

①アイテムマッチ広告

アイテムマッチ広告
Yahoo!ショッピングのカテゴリリストページや検索結果ページの専用枠に表示されるクリック課金型広告

アイテムマッチ広告は一番活用頻度が高い広告です。CPCを設定することで、商品名に入っているキーワードが検索された場合、検索結果のページごとの一番上に商品が表示されます。これから売り出していきたいという商品にアクセスを入れる場合に活用しましょう!

②PRオプション

PRオプション

Yahoo!ショッピング出店者様の販売促進活動をサポートするもので、設定料率に応じて、Yahoo!ショッピングの商品検索結果やカテゴリリストページ、特集ページにて商品をプロモーションできる成功報酬型の広告商品

PRオプションもアイテムマッチ広告と同様に活用頻度が高い商品です。簡単に記載すると、検索結果の通常の表示順位に下駄を履かせてくれる広告です。手っ取り早く検索順位をあげるのに有効なため、アイテムマッチ広告と併用すると効果的です。

  • 設定料率に応じて、商品検索結果やカテゴリリストページ、特集ページにて商品をプロモーションできる、成功報酬型の広告商品
  • 出店者側が自由に「1~30%」で1%刻みに設定できる
  • 料率に応じて、以下のサービスが受けられる:
    料率+2%の効果、CRMツール・ターゲティング機能

③ソリューションパッケージ

ソリューションパッケージ

  • Google 広告 ショッピング広告
  • Google 広告 動的リマーケティング Criteo:ストアを訪問し、購入に至らなかったお客様の再来訪を促進

大きく分けて3種類あります。

  • ブランドパネルビジョン:
    想定リーチ数:2,500万、想定リーチ単価:75円、想定視聴単価:4.8円
    ブランドパネルビジョン
  • Yahoo!JAPANインストリーム広告:
    配信先:GYAO!、Yahoo!ニュースなど、想定視聴完遂単価:0円
    インストリーム
  • 動画フォーマット:
    想定再生単価:4円、画面占有率:70%超
    YDN動画広告

2.広告を活用した販売方法

広告については理解できましたでしょうか?では実際にどのように広告を活用するか、説明していきます。

  • アイテムマッチ広告で商品へのアクセスを集め、商品が売れるきっかけをつくる
  • アイテムマッチ広告と並行して、PRオプションを活用し、検索順位を上げる
  • (さらなる売上拡大)ソリューションパッケージを活用する

①アイテムマッチ広告で商品へのアクセスを集め、商品が売れるきっかけをつくる

アイテムマッチ広告を出すことで商品が売れるチャンスを作ることができます。ただ、チャンスがあっても、商品品質、商品価格、商品ページが購入してもらえるだけ魅力がある状態でなければ売れません。しっかりと競合商品を調査し、売れるだけの準備をしたうえで、広告をかけましょう。せっかくの広告費が無駄になってしまいます。

②アイテムマッチ広告と並行して、PRオプションを活用し、検索順位を上げる

PRオプションをかけていると検索順位に下駄を履かせることができるので、アイテムマッチ広告をきっかけに1商品でも売れると、かなり上位に商品が表示されるようになります。しばらくはアイテムマッチ広告とPRオプションをかけ続け、広告を外しても検索順位の上位を維持できるぐらいの売上実績をつくれたら、広告を外して、利益を取りに行きましょう。

③(さらなる売上拡大)ソリューションパッケージを活用する

ヤフーショッピング内での売上・認知だけでは、不十分になってきた場合(かなりの売上が上がっている状況です)、ヤフーショッピング外からのアクセス確保やブランド認知を獲得する必要が出てきます。その場合には、ソリューションパッケージを活用して、広くアクセスを集めるのがよいでしょう。

3.終わりに

ここまで活用できる広告の種類と実際の活用方法について説明してきました。
イメージが湧いてきましたでしょうか?
最後に広告と活用方法をまとめて終わりたいと思います。

【広告種類】

  • アイテムマッチ広告
  • PRオプション
  • ソリューションパッケージ

【広告活用方法】

  1. アイテムマッチ広告で商品へのアクセスを集め、商品が売れるきっかけをつくる
  2. アイテムマッチ広告と並行して、PRオプションを活用し、検索順位を上げる
  3. (さらなる売上拡大)ソリューションパッケージを活用する

以上となります。

ヤフーの広告を最大限活用して、売上をあげていきましょう!

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください

    以下の記事も合わせてご参照ください。

    amazon(アマゾン)の広告の種類と内容

    ヤフーショッピングのストアマッチ広告の活用方法!徹底解説!