楽天スーパーセールのサーチの活用方法

本記事を閲覧頂きありがとうございます。
我々はECにおける総合的な売上向上サービスを展開しています。
楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングの大手ECモールや自社サイトのご支援実績のもと、EC売上向上のノウハウをお届けします。

はじめに

本記事では楽天スーパーセールのサーチについて解説していきます。
楽天に出店されている企業様は楽天スーパーセールの度によく耳にする言葉かと思いますが、
セールサーチに登録するとどんなメリットがあるのか、また登録をするだけでなく、さらに売上を上げるためにどんな活用方法があるのか、詳しく見ていきたいと思います。

楽天スーパーセールとは

まず、楽天スーパーセールについて説明します。 楽天スーパーセールは年に4回(大抵の場合、3月、6月、9月、12月)実施され、楽天内では売上を立てる絶好のチャンスとなります。 楽天全体のアクセス数が多くなるため、何もしなくても多少は売上を伸ばすことはできますが、せっかくなのでしっかり対策をすべきです。 理由としては、基本的に楽天の検索順位は過去の販売実績に依存するため、多少利益率を削ってでも売れるときにしっかり売る、という考え方が大事になってきます。

楽天スーパーセールサーチとは

次に楽天スーパーセールサーチについて説明します。
楽天スーパーセールサーチとは、楽天スーパーセールの期間中に設置される、該当期間中のみ有効なサーチのことを指します。
楽天スーパーセール期間中は、通常の楽天サーチに加え、検索結果に以下のようなサーチボックスが出てきます。

また、サーチの種類は半額サーチと通常セールサーチの二種類に分けられます。
半額サーチは、元値(比較対照価格)より50%以上の値引きがされているアイテムです。
通常セールサーチは、元値(比較対照価格)より10%以上の値引きがされているアイテムです。
注意点としては、セールサーチに表示させるためには事前にイベント商品申請を行う必要がある、ということです。
楽天全体は楽天スーパーセールをやっているが、自店舗だけ何故か売れない。。。という企業様がよくいらっしゃいますが、基本的には自店舗側でアクションが必要な施策になります。

楽天スーパーセールサーチのメリット

アクセス数向上

上述のように楽天スーパーセールは楽天がCMなどで宣伝するため、認知度が高いイベントとなっています。多くのユーザーはお得に買い物をしたいと考えているため、『スーパーSALE割引』『スーパーSALE半額』の特集が掲載されている特設ページにアクセスが集まります。 特集の中でも『スーパーSALE半額』のページには、約80%のユーザーが閲覧するので楽天スーパーセールはアクセス数を伸ばすチャンスと言えます。

CTR向上

楽天スーパーセールの審査をクリアした商品は、『スーパーSALE割引』『スーパーSALE半額』などの内容が表示されます。アイコンが表示されることでサムネイルをクリックしてもらいやすくなり、より多くの人にアクセスしてもらえます。

転換率向上

楽天スーパーセールで行われている値引きに惹かれて購買意欲の高いユーザーが集まります。 スーパーセールサーチに掲載された商品の価格は2重価格表記になります。 その他にも上述のような『スーパーSALE割引』『スーパーSALE半額』アイコンが表示されてお得に見せることができるので、転換率が上がりやすくなります。

楽天スーパーセールサーチのデメリット

値引き率の基準を守る必要がある

値引き率の基準が定めらえており、10%以上値引きすることが審査通過には必要です。 短期的に考えると利益が出にくいように感じるかもしれませんが、新規顧客に店舗や商品の良さを知ってもらってセール後の売上のベースアップを図ることができますので、値引きはしっかり行いましょう。

一定以上の販売実績が必要

楽天の審査では、商品の販売開始時期と定められた期間中に通常価格で販売しているか確認されます。販売実績と通常販売価格での実績が基準に達していないことが原因で審査に落ちてしまうケースが多いので気を付けましょう。

SEO対策が重要になる

通常検索のように広告で集客することができないため、あらゆるユーザーに検索してもらうことが大切です。 景表法や薬機法に気を付けつつ、商品名やキャッチコピーにキーワードを盛り込みましょう。

楽天スーパーセールサーチに掲載するには?

ここまで楽天スーパーセールサーチの概要と活用時のメリットデメリットを解説してきましたので、セールサーチの掲載方法について紹介します。
まずはセールサーチに掲載できる商品の条件を確認していきましょう。

申請可能な商品の確認

セールサーチに申請できない商品もございます。
予約商品、定期購入商品、頒布会商品、楽天スーパーセール開始前4週間以内に販売できない状態だった商品、割引率が10%以上でない商品 は、申請不可となります。

二重価格表示の設定

楽天スーパーセールサーチの掲載には、二重価格表示条件を満たしている必要があります。
販売実績などは要注意です。

まずは、当店通常価格からの値引き商品についてです。

  1. 楽天スーパーセール開始時からさかのぼって8週間のうち、合計で4週間以上楽天市場内で元値(比較対照価格)での販売実績があること
  2. 販売期間が楽天スーパーセール開始時からさかのぼって8週間未満の場合、合計で販売期間の過半かつ2週間以上、 楽天市場内で元値(比較対照価格)での販売実績があること。
  3. 楽天スーパーセール開始時からさかのぼって2週間以内に、元値(比較対照価格)での販売実績があること。

次はメーカー希望小売価格からの値引き商品についてです。

  1. メーカー希望小売価格より50%以上または10%以上の値引きがされているアイテムであること
    ※「メーカー希望小売価格」については該当商品ページに各出店ショップによる補足情報が掲載されています
  2. (出所より追記)当該価格が、メーカーにより小売業者の価格設定の参考となるものとして設定され、あらかじめ、メーカーによる新聞広告、カタログ、ウェブサイト、商品本体への印字等により公表されており、かつ、次の①もしくは②の条件を満たしていること
    ①当該価格がメーカー希望小売価格であることを示す根拠資料のうち、当社が定めた基準を満たすもの(以下「エビデンス」といいます)を当社所定の方法で商品ページ上に掲載すること
    ②「商品価格ナビのデータ参照」によるメーカー希望小売価格の使用可能条件を満たし、表示設定をおこなうこと

出所:[二重価格・割引表示] 二重価格・割引表示に関するガイドライン

楽天スーパーセールサーチへの申請方法と流れ

次に申請方法ですが、大きな流れは以下の通りです。

1.申請

楽天スーパーセールの約3週間前から約1週間前までが申請期間となります。
申請数が多い場合、申請受付を早期に終了する場合があるので、早めに申請をするようにしましょう。

2.審査

一次チェックに通過した場合にのみ二次チェックに進み、2つの審査に通過して初めて掲載が決定します。チェック項目やよくある間違いは後段でご説明します。

3.結果確認

一次・二次チェックに合格した商品が「スーパーセールサーチ」の表示対象となります。

4.掲載

いよいよ掲載開始!楽天スーパーセール期間中も常にシステムでチェックされているので、価格を上げたりページを大幅に改善するといったことはしないようにしましょう。
ちなみに、在庫がなくなると楽天の検索結果には出なくなりますが、在庫を入れると再びセールサーチに掲載されるようになります。

次に、よくある間違いについてご説明します。

  • 販売期間設定
    販売開始日時・終了日時ともに楽天スーパーセール期間内にする必要があります。
    ですので、タイムセール広告などに出している商品もセールサーチに出すことができますので、事前告知用にエントリーしておくことをお勧めします。
  • 申請商品の元値設定について
    「表示価格」が「自動選択」、あるいは未設定のものは価格を下げた場合でも二重価格が表示されず、不合格となります。元値となるのは、「当店通常価格」「メーカー希望小売価格」「商品価格ナビのデータ参照」のみとなるので注意しましょう。
    「メーカー希望小売価格」の場合も、「通常販売価格」と同様に通常の販売期間よりも10%以上値引きをする必要があるので、こちらも注意が必要です。
  • 割引率では小数点以下切り捨て
    割引率は1%単位まで考慮し、1%以下は切り捨てとなります。
    エクセルで価格を一括で調整する際に、小数点以下が自動的に四捨五入されてしまうケースがあるので、切り捨てをする関数を組んでおくようにしましょう。
  • 申請商品の全SKUが条件を満たす必要あり
    商品単位で合否判定されるため、1商品ページに含まれる、すべてのSKUが合格の条件を満たしている必要があります。しかし、倉庫に入っているSKUは対象外になります。

楽天スーパーセールサーチの具体的な活用方法

セールサーチを出した際にしっかり売上に繋げる方法をご紹介しますので、
自店舗で活用できそうであれば、次回の楽天スーパーセールから是非取り入れてみてください。

イベントページ作成

店舗にアクセスしたユーザーが楽天スーパーセールのイベントページに飛べるように、イベント向けのページを作成しましょう。

イベントページ後はユーザーに楽天スーパーセールのページがあることが伝わるように、店舗ページや商品ページの目につきやすい箇所にバナーを設置しましょう。

メルマガによる事前告知

先述のイベントページ作成と並行して、購入履歴があるユーザーにメルマガでセールについて告知しましょう

メルマガの場合、迷惑フォルダに振り分けられてしまうケースが最近は増えているためLINEなどを活用しても良いかもしれません。

セールの注力商品を決める

店舗内の全商品のページを最適化することには時間がかかってしまいますし、セール時にアクセスが集まるのは通常期間に売上が伸びている商品ですので、特に打ち出したい商品を決めてセール対策を重点的に行いましょう。

注力商品からアクセスが集まり、他の商品ページへの流入に繋げることで店舗全体の売上を伸ばすことができます。

無料広告枠を活用する

楽天が一定期間の販売実績があると認めて二重価格表示が可能であると判定した商品は、楽天スーパーセール時にイベント特設ページの無料広告枠である「超目玉枠」「目玉枠」の掲載にエントリーすることが可能です。

事前にエントリーが可能な商品が自社にあるかどうか確認し、ある場合は必ずエントリーしましょう。

キャンペーンの内容を複数パターン用意する

平日と土日で自店舗のキャンペーン内容を変えるなど複数の企画を用意すると、競合に差をつけやすくなります。

平日に楽天市場を確認しづらい学生向けや会社員向けの商品の販売を土日に強化したり、訴求したい層に役立つ情報を確認してもらいやすいタイミングで発信する、などが挙げられます。

高齢者向け、若い女性向けなどターゲットとする層に合わせて柔軟に戦略を考えて売上に繋げていきましょう

購買意欲が上がる価格の商品を用意する

1,000円や2,000円などの支払う金額の計算がしやすい価格を設定して、「4,000円以上の購入で、お会計から15%オフ」などの割引と合わせて実施すると客単価や転換率があがりやすくなります。

割引と合わせることで、「ついで買い」を誘発することができます。

半額サーチの活用

楽天スーパーセール期間中のみ表示されるサーチで、通常価格から50%以上オフとなっている商品を登録できるのが「半額サーチ」です。ユーザーは半額サーチからお得な商品を効率よく探せるため。半額サーチに登録するとアクセス数を伸ばすことができます。

またイベント期間中にアクセス数を集めておくと商品の販売実績としてカウントされるため、セール終了後も検索上位になりやすくなります。

最終日のイベントを行う

楽天スーパーセール期間の中でも、売上が伸びやすいのが初日と最終日です。
楽天スーパーセールというお得感のあるイベントを逃したくないユーザーの気持ちがあることを活かして、最終日に「商品を3つ以上購入すると10%割引、5つ以上購入すると20%割引」などの施策を実施することも有効です。

スーパーセール自体が売上を伸ばす絶好のチャンスですので、特に最終日には注力して販売数増加を目指しましょう。

楽天スーパーセールサーチの注意点

これまでの記載内容と重複する箇所もありますが、楽天スーパーセールを活用する際の注意点について説明します。 申請できる商品は下記三つの条件を満たしている商品です。

  • 通常商品であること(予約かご、定期購入などはNG)
  • 楽天スーパーセール開始の4週間以上前から販売している商品 (新商品をエントリーする場合は、商品登録のみ早めに済ませておくのがおすすめです)
  • 10%以上の割引を予定している商品(値引率が10%未満の場合は申請できません。)
    ※メーカー希望小売価格で二重価格表記を行う場合、直近の最安値から10%以上割引を行い、エビデンスをPC用商品説明文に掲載する必要があります。
  • 1つの商品ページに含まれる、SKU倉庫に入っていない全てのSKUが合格条件を満たしている必要があります。

また、二重価格表記をしっかりと出すために、以下の条件にも注意する必要があります。

  • ポイント変倍 基本的に通常のポイント変倍によるセールサーチへの影響はありません。ただ、以下の楽天スーパーDEALを実施する場合は注意が必要です。
  • 楽天スーパーDEAL
    • ポイントバック率20%以下の場合:この場合はスーパーセール期間中に実施しなければ問題ありません。
    • ポイントバック率21%以上の場合:楽天スーパーセール開始の一週間以内にDEALを開催する場合、1次チェック不合格となります。
  • クーポン クーポンについては注意が必要です。全商品対象のクーポンを実施した場合は問題がないのですが、商品別クーポンを実施している場合は、楽天スーパーセール開始の前日から28日前までに14日以上配布をしていると、二重価格表記を出せなくなるので、サーチ自体NGとなります。(コピーページでエントリーしている場合は若干条件が異なりますので、詳しくは店舗運営ナビをご参照下さい。) なお、サンキュークーポンやクーポンアドバンスは対象外となります。

セールサーチが通った!実はそのあとも注意が必要です。

よくある間違えが、「2次チェック合格後の商品情報の変更」によりセールサーチから落ちてしまうケースです。 商品画像、商品説明文、商品名、キャッチコピー、項目選択肢別在庫の項目名を変更する際は、「●%OFF」表記の追加、送料無料表記の追加、あす楽の文言削除、商品情報の追加等、申請時と同一の商品と判断できる範囲での変更をしてください。 申請時とは別の商品と判断されるような大幅な変更や、事実と異なる記載がある場合は登録削除されてしまうので、以下の内容はしっかり覚えておくようにして下さい。

終わりに

今回は楽天スーパーセールのセールサーチについて解説してみました。
実際の運用はけっこう工数がかかる上に、慣れていないと思わぬミスも発生します。
弊社では楽天の運営代行も行っておりますので、下記フォームより気軽にご連絡ください。

Writer渡邊 嵩大

株式会社Proteinum 取締役

楽天市場に入社し、広告企画販促部で広告の企画および販促を担当。コンサル会社に転職後、大手通信事業者の新規事業(EC)の立ち上げ、大手化粧品メーカーのブランド戦略、外資系生保の営業戦略などに携わる。あるときECの可能性を再確認し、プロテーナムに参画。ECの上流設計をメインにしつつ、D2C事業にも携わる。ベンチプレス120kgを目指し、日々自分の限界に挑んでいる。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)

    氏名(かな)

    貴社名

    電話番号

    メール

    ウェブサイトURL

    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください

    ご意見・ご質問、お仕事についてのお問い合わせなど、下記フォームからお気軽にお問い合わせください。

    内容によっては回答をさしあげるのにお時間をいただくこともございます。
    また、休業日は翌営業日以降の対応となりますのでご了承ください。

    は必須項目です。

    こちらからご確認ください