BLOG/Amazon

2022.07.29

amazon(アマゾン)プライムマークの付け方

Amazon.co.jpで買い物をする際に、目にする「プライムマーク」。このマークのついている商品は、Amazonにより、出荷・配送品質が認められたものであり、通常配送は配送料無料、お支払い確定日の1~2営業日以内に出荷され、Amazonプライム会員であれば「お急ぎ便」も無料で利用できます。

そのため、プライムマークがついた商品が購入される可能性が高いです。
amazonで売上をあげるためには、プライムマークをつけることが必須といっても過言ではありません。
この記事ではプライムマークをどうやったらつけることができるか?について説明していきますので、
ぜひ参考にしてください。

プライムマークをつける方法

プライムマークを付けるためには2通りの方法があるので、それぞれ説明していきます。

  1. FBAを利用する
  2. マケプレプライムを利用する

1.FBAを利用する

Amazonが提供するFBAとは「商品保管、注文を受けた商品の梱包〜発送、返品対応までAmazonが代行する」サービスです。
配送品質が保証されているため、FBAを利用している商品は「プライムマーク」が付与されます。
では、この「FBA」を利用するための方法を解説します。

FBAを利用するための4つのステップ

FBAを利用するためには、以下のステップを踏む必要があります。

  1. 商品登録
  2. 納品プラン作成・発送準備
  3. Amazon専用倉庫(FC)へ商品を発送
  4. Amazon専用倉庫(FC)にて受領処理された商品より販売開始

まずは、出品用アカウントを登録しましょう。
次に、Amazonセラーへ提供される出品管理ツール「セラーセントラル」で商品登録をおこない、Amazon専用倉庫に納品するための「納品プラン」を作成、個別の商品に貼り付ける「商品ラベル」を発行します。
発行した「商品ラベル」を商品に貼り付け、指定のAmazon倉庫へ発送すれば出品者側の納品対応は完了です。
発送した商品が倉庫に到着し、受領処理されると販売開始されます。

以下の記事で詳細を説明しているので、参考にしてみてください。

AmazonFBAへの納品手続きとは?必要な準備を徹底解説

2.マケプレプライムを利用する

マケプレプライムとは、自社で出荷する商品が一定の条件を満たす場合、プライムマークが付くプログラムです。
FBAを利用できない商品(生鮮食品、大型商品など)でもプライムマークをつけることができるので、
ぜひ活用してみましょう。

「マケプレプライム」を利用するための2つのステップを解説します。

  1. マケプレプライムトライアルの期間をクリアする
  2. トライアル完了後、正式にプライムマークが表示される

マケプレプライムトライアルとは?

トライアルとは、Amazonから参加資格を付与されるまでの審査期間のようなものです。
トライアル期間中にマケプレプライムの配送基準を満たせることをAmazon側に示す必要があります。

マケプレプライムへの参加要件

  • マケプレプライム で定められた出荷実績、配送品質の「パフォーマンス指標」の維持
    • 期日内配送率(予定日までの配送完了率)が96%以上
    • 追跡可能率(有効なお問い合わせ番号/伝票番号入力率)が94%以上
    • 出荷前キャンセル率が1.0%未満
  • 出品者様が選択するプライム対象地域への「お急ぎ便」の提供
  • Amazonプライム会員に対して、プライム対象地域への通常配送とお急ぎ便を無料で提供
  • Amazon上で追跡が可能な配送方法の利用(ヤマト運輸、日本郵便のお問い合わせ番号がある配送方法)
  • Amazonのポリシーに基づく返品・返金対応

例えば、温度管理が必要な商品や賞味期限の短い商品、大型商品などFBAに預けることができない商品にもプライムマークを付けることができるので、可能であれば必ずプライムマークをつけられるようトライしましょう。

ただし、「マケプレプライム」は一度参加資格を認められても、上記の「パフォーマンス指標」が下回った場合や違反行為を行った場合は参加資格を失います。(改善することで参加資格復活することは可能)

プライムマークをつける4つのメリット

  1. 作業負担を大幅カット(FBA利用の場合)
  2. セッション数増加
  3. 転換率増加
  4. 高い配送品質をアピールできるので結果的に売上拡大が期待できる

FBAを利用する場合、Amazon専用倉庫に商品を預けて保管、注文処理、発送対応を行うため、出品者側の作業負担を大幅カットできるでしょう。24時間365日対応しているため、通年利用だけでなく、必要な商品だけ、必要な時期だけ利用するなど、上手に利用することで売上増も見込めます。

プライムマークを付与することで、多くのユーザーに対して高い配送品質をアピールすることができるため、結果的に購入率増加や売上拡大につながる可能性が高いです。

まとめ

プライムマークについて、その効果からプライムマークを付ける方法まで説明してきましたが、
いかがだったでしょうか?
売上UPにはプライムマークをつけることが必須といっても過言ではありません。
必ずプライムマーク獲得にトライしてみてください。

Writer渡邊 嵩大

株式会社Proteinum 取締役

楽天市場に入社し、広告企画販促部で広告の企画および販促を担当。コンサル会社に転職後、大手通信事業者の新規事業(EC)の立ち上げ、大手化粧品メーカーのブランド戦略、外資系生保の営業戦略などに携わる。あるときECの可能性を再確認し、プロテーナムに参画。ECの上流設計をメインにしつつ、D2C事業にも携わる。ベンチプレス120kgを目指し、日々自分の限界に挑んでいる。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください