BLOG/Amazon

2022.05.20

amazon(アマゾン)の広告キャンペーンマネージャー「ポートフォリオ」機能とは?

広告キャンペーンマネージャーの機能に「ポートフォリオ」というものがあるのはご存知でしょうか?
なんだか画面の左端で見たことがある気がするけど、よくわからなくて活用したことがない、、、という方も多いのではないでしょうか?
キャンペーンを大量に作成していて、予算管理がかなり大変になってしまっている方は、ぜひポートフォリオ機能を活用してみてください。
作業が随分効率化されると思います。
では、広告キャンペーンマネージャーの「ポートフォリオ」について説明していきます。

1.amazon広告キャンペーンマネージャーの「ポートフォリオ」機能とは

簡単に説明すると、広告キャンペーンをグループ化し、予算を管理できる機能です。
通常広告の予算を管理するのは、基本的に1日の消化コストの設定で行っている方が多いと思いますが、登録しているキャンペーン全体で、かつ特定の期間で消化コストを設定できる機能が「ポートフォリオ」になります

広告画面の左端にある項目から、ポートフォリオの確認・管理が可能です。

ポートフォリオの作成

ポートフォリオごとに、月の予算や特定期間の予算を設定する事ができます。
商品カテゴリや注力したい商品ごとにポートフォリオを作成することで、それぞれにどの程度の予算をかけるか、などの管理が一目瞭然になります。

2.amazon広告キャンペーンマネージャーの「ポートフォリオ」の作成方法

作成方法はとても簡単です!

ポートフォリオの作成

① ポートフォリオの項目にある「ポートフォリオを作成する」をクリック。

ポートフォリオの作成

② 下図の画面が表示されるので、お好きなポートフォリオ名を入力し、「ポートフォリオを作成する」をクリックすると、ポートフォリオが完成します。

ポートフォリオの名前設定

次に、予算設定とキャンペーンの追加を行います。

予算設定

作成したポートフォリオを開き、「ポートフォリオを変更する」をクリックします。

キャンペーンの追加開始画面
プルダウンから予算上限の設定方法を「期間」、「毎月繰り返し」のいずれかを選び、入力を行います。

予算上限の設定方法

セールやトレンドなどで特定の期間のみ広告費を増額する場合は「期間」、毎月の予算設定を行う場合は「毎月繰り返し」の設定をおすすめします。

ポートフォリオの予算設定では、「特定期間内の予算」、「月の予算」のみ設定できます。
「日ごとの予算」は設定できない為、日ごとの予算はキャンペーンごとに設定する必要があります。

キャンペーンの追加方法

完成したポートフォリオにキャンペーンを追加する方法は以下2種類あります。

  • 「キャンペーンを作成する」
  • 「キャンペーンを追加する」

「新規でキャンペーンを作成」する場合、「キャンペーンを作成する」をクリックし、キャンペーン名の下にある「ポートフォリオ」から、キャンペーンを追加したいポートフォリオを選択します。

キャンペーンの作成or追加

以降は通常と同様の手順でキャンペーンを作成すれば、ポートフォリオに自動で追加されます。
※スポンサーディスプレイ広告はポートフォリオに追加できません。

「既存のキャンペーンを追加」する場合は、すべてのキャンペーンを開きポートフォリオに追加したいキャンペーンを「追加」することで追加可能です。

キャンペーン追加画面

「ポートフォリオに移動する」をクリックし、対象のポートフォリオを選択して「保存」をクリックして完了です。
※1つのキャンペーンを複数のポートフォリオに重複して組み込む事はできませんので、ご注意ください。

3.amazon広告のポートフォリオ機能を活用する上での注意点

ポートフォリオを利用する場合の注意点は下記になります。

  • 1つのキャンペーンは1つのポートフォリオにしか追加できない
    1つのキャンペーンは1つのポートフォリオにしか取り込みできません。
    同じ内容のキャンペーンを複数のポートフォリオに追加する場合は、キャンペーンを複製しておく必要があります。
  • スポンサーディスプレイ広告はポートフォリオに組み込めない
    ポートフォリオに追加できる広告は、スポンサープロダクト広告とスポンサーブランド広告のみとなります。
  • 日ごとの予算は管理できないため、キャンペーンごとの予算設定には注意が必要
    ポートフォリオでは、対象期間や月ごとの予算設定はできますが、日ごとの予算は設定ができません。
    配信ペースの調整が難しいため、想定している消化がされない場合は、通常のキャンペーン内で設定するようにしましょう。
  • 一度作成したポートフォリオは削除できない
    一度作成したポートフォリオは削除ができませんが、キャンペーンを除外したり、予算設定から終了日を設定して停止状態にする事は可能です。

ポートフォリオ名の変更もできますので、名称で使っているポートフォリオ、使っていないポートフォリオかわかるように設定しましょう。

amazon広告のポートフォリオ機能のまとめ

アマゾンの広告キャンペーンマネージャー「ポートフォリオ」機能について、説明しましたが、いかがだったでしょうか?
商品種類や注力度合などによりポートフォリオを分けることで、効率的に予算を管理できます。
セールやトレンドを逃さずに予算を最適化するよう、ぜひポートフォリオ機能を活用してみてください。

Writer渡邊 嵩大

株式会社Proteinum 取締役

楽天市場に入社し、広告企画販促部で広告の企画および販促を担当。コンサル会社に転職後、大手通信事業者の新規事業(EC)の立ち上げ、大手化粧品メーカーのブランド戦略、外資系生保の営業戦略などに携わる。あるときECの可能性を再確認し、プロテーナムに参画。ECの上流設計をメインにしつつ、D2C事業にも携わる。ベンチプレス120kgを目指し、日々自分の限界に挑んでいる。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください