BLOG/Amazon

2022.05.22

AmazonFBAへの納品手続きとは?必要な準備を徹底解説

Amazon FBAとは?

まず最初にFBAの概要説明から入ります。
FBAとは、商品をAmazonの倉庫に預け、商品の保管から注文処理、配送、返品に関するカスタマーサービスまでをAmazonが代行してくれるサービスです。
FBAには、Amazonに出品している商品だけでなく、自社サイトやAmazon以外のショッピングモールで販売した商品でもフルフィルメントを代行する機能もありますので、検討してみましょう。

AmazonFBAに納品する方法

FBAを利用するには、商品を納品する必要があります。どのようにすればいいか、具体的に説明していきます。

 

商品を登録する

すでにAmazonで取り扱いのある商品を販売する「相乗り販売」の場合は以下の手順で進めます。

  1. アカウントサービスから出品サービスアカウントを選び、セラーセントラルにログイン
  2. 「在庫」から商品登録をクリック
  3. 検索窓で商品を検索し、「この商品を出品」をクリック
  4. 詳細表示で価格、出品者SKU(管理番号)、コンディション、フルフィルメントチャネルを登録
  5. 商品を検索する際にはJANコードで検索しましょう。間違いなく商品を検索するためです。
  6. フルフィルメントチャネルは「FBA配送」を選びます。
  7. オリジナル商品など、Amazonで現在販売されていない商品を出品する際は商品のカタログ登録が必要です。
    上記手順3の検索窓の下にある「Amazonで販売されていない商品を追加します」をクリックします。

納品手続きをする

商品の登録完了後、AmazonFBAを利用するための納品手続きを行っていきます。

  1. セラーセントラルの「在庫」タブから「在庫管理」をクリック
  2. 商品一覧から納品する商品にチェックを入れる
  3. 「選択中の商品を一括変更」をクリックし「在庫商品を納品/補充する」を選択
  4. 「納品手続きに進む」をクリック
  5. 危険物情報を入力後「保存して次に進む」をクリック
  6. 「新規の納品プランを作成」を選ぶ
  7. 梱包タイプを選択し、納品個数を入力する

梱包タイプには下の2タイプがあります。自社の梱包方法に合わせて選択してください。

  • メーカー梱包……SKUとコンディションが同じ商品を入れて、メーカーが梱包した状態での納品
  • 個別の商品……SKUとコンディションが別の商品を1つの箱に混ぜて納品

商品ラベルの印刷、貼付

商品ラベルの印刷、貼付は出品者自身が行うこともできますし、有料でAmazonに依頼することもできます。Amazonに依頼する場合は、当然ですが、ご自分での作業は不要です。

ラベルのPDFファイルが表示されるので、そのまま印刷します。ラベルシールを利用すると貼り付け時に便利です。
商品にメーカーラベルがあるものは、そのラベルが隠れるように貼り付けます。

梱包

ラベルを貼った商品を段ボールに入れます。AmazonFBAに納品するための段ボールは新品でなくても問題ありません。
ただし、あまりに汚れているものや破損しているものは受け取り拒否される可能性があります。

配送ラベルを貼付、発送

商品ラベルの印刷後、画面の右下に「続ける」をクリックすると納品先が表示されます。配送業者を選ぶ画面になるので、都合が良い業者を選び「配送ラベル印刷」をクリックしてください。最後に、印刷した配送ラベルを段ボールに貼り、発送します。

これでAmazonFBAへの納品は完了です。

AmazonFBAに納品する際の注意点

AmazonFBAを利用するにあたっての注意点をあげておきます。

取り扱い不可商品がある

AmazonFBAでは取り扱いできない商品があります。中でも注意したいのは以下のようなものです。

  • 日本語表示のない海外食品や化粧品
  • 室温で保存できない商品
  • 種子を含む動植物
  • 「火気厳禁」などと書かれている商品
  • ネオジム磁石

室温で保存できる食品などでも、味噌のように空気穴が空いているものはガスが発生するため取り扱いできない場合があります。
以下に詳細な規定がありますので、気になる方は確認してください。

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/external/201730840

賞味・消費期限がある商品の納品条件

賞味・消費期限がある商品は、次のような納品条件があります。

  • 期限をラベルに記載して貼付
  • ラベルへの期日記載方法にも規定がある
  • 商品本体に書かれた記載を隠さないようにラベルを貼付
  • 規定以上の日数が残っている商品のみ納品可能

ラベルへの賞味・消費期限の記載方法はいくつかありますが、次の記載方法ならどんなものにでも使えます。

西暦-月-日の順で明記(2022年12月31日なら「2022-12-31」)

日数の規定については商品によって違いますが、Amazonが倉庫に搬入した時点で保存可能期間が60日以上あることが重要です。詳しくは「要期限管理商品FBA実践マニュアル」を確認してください。

納品時の段ボールや荷物のサイズにも規定がある

AmazonFBAに納品する際は荷物のサイズにも注意が必要です。

  • サイズ……160まで
  • 重さ……15kgまで

これを超える場合は大型商品となり、料金も異なります。大型商品の規定は次のうちどちらか一方に当てはまるものです。

  • 9kg超、40kg未満
  • 45×35×20cmより大きく、90×70×51cmより小さい

まとめ

FBAへの納品方法について、説明してきましたが、いかがでしょうか?
FBA利用は非常に便利なのですが、実はFBAへの納品自体が負担になることもありますので、
どのような利用方法が自社に合っているのか検討してから利用するようにしましょう。

Writer米沢 洋平

株式会社Proteinum 代表取締役

大学卒業後、楽天株式会社に入社。 初期配属は東北エリアグループにて、牛タンやりんごなどの東北の名産品の販売支援に従事。 その他、アパレル業界を専門として、大手企業を中心に各種ECコンサルティング活動に従事 (のべ担当店舗数700以上)。楽天を卒業後、経営コンサルタントの道へ進み、小売企業を中心に様々な業界において経営コンサルティング業務に従事(事業戦略策定、実行支援、EC戦略策定等)その後、株式会社Proteinumを創業。”EC業界にとってなくてはならない存在に”をミッションに、 現在は自社ブランドの立ち上げとクライアントのEC事業の支援に従事。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください