BLOG/Amazon

2022.07.31

Amazonのbrand analytics(ブランド分析)の活用方法について徹底解説!

Amazonを運営の皆様、「brand analytics」というAmazonの分析ツールをご存じでしょうか?
「brand analytics」は、Amazon全体でよく検索されるキーワード一覧や、自社ブランドの競合商品などのデータを分析することができる、非常に便利なツールとなります。

1.Amazon「brand analytics(ブランド分析)」を利用する前に

「brand analytics」を利用するには、「Amazonブランド登録」を行う必要があります。
Amazonブランド登録をすることで、ブランドをより正確に表示させたり、違反を発見して報告したり、Amazonが違反を積極的に防止する上で役立つ情報を共有したりできますので、是非Amazonブランド登録をしてみてくださいね!
※Amazonブランド登録を行うには商標登録が必要となります。
Amazonブランド登録を行うと、セラーセントラル内の上部画面に表示される、下記画像部分黄色枠をクリックすると「brand analytics」に入ることができるようになります。

2.Amazon「brand analytics(ブランド分析)」で分析できること

①Amazon検索用語

「Amazon検索用語」はAmazon全体で検索頻度の高いキーワードとそのキーワードで検索された際にクリックされる頻度の高いASINの1位~3位が表示されます。
実際の画面は以下の画像のように表示されますので、以下詳しく見ていきましょう。

・ストア:Amazon.co.jp

こちらのプルダウンからカテゴリーを選択することができますので、探したい該当ブランドを入力してみましょう。
ただ、Amazon全体の検索頻度ランキングを知りたい場合は「ストア:Amazon.co.jp」のままで検索してください。

・検索用語

特定のキーワードを入力し検索することができます。
入力したキーワードを含むAmazon全体もしくはカテゴリー毎の検索頻度ランキング、検索結果に表示された各検索キーワードで最もクリックされた頻度の高いASINを確認することができます。
また、ASIN別のコンバージョンデータも見ることができるので、競合他社のコンバージョン割合を見ることで自社ブランドの改善にも役立てることが可能です。

・ASINまたはEANを入力

「ASINまたはEAN」を入力することで、対象商品のクリックされる頻度が高いキーワードを逆引き検索することができます。

・レポート範囲

取得したいデータの期間を指定することができます。
プルダウンより「日/週/月/四半期」を選択でき、日付部分では任意の期間を指定することができます。

・その他

検索される回数が少ないキーワードの場合、検索結果に表示されない場合があります。
「Amazon検索用語」では検索される回数の多いビックワードに限られる傾向が強いため、調査したいキーワードの検索結果が必ず得られる訳ではありません。

②リピート購入行動

こちらは自社ブランドの商品別の新規購入者数、リピート購入者数について分析することが可能となります。
新規カスタマー獲得およびリピート購入推進のため、戦略的にマーケティング施策を検討しましょう。

③マーケットバスケット分析

こちらは自社ブランドについて、他社と併売されている商品群について分析することが可能となります。
お取引会社様の商品と同時に購入されている商品を確認し、クロスセルやバンドル品の可能性を探りましょう。

最後に

今回はAmazonのbrand analytics(ブランド分析)について解説をしてきました。
なかなか上手く活用できない場合は、テクニカルサポートに問い合わせをしてみるとよいと思います。
弊社では広告運用はもちろん、商品登録代行や、売上向上に向けた運営代行のご支援を行っておりますので、
不明点等ございましたら是非お問い合わせください。

Writer米沢 洋平

株式会社Proteinum 代表取締役

大学卒業後、楽天株式会社に入社。 初期配属は東北エリアグループにて、牛タンやりんごなどの東北の名産品の販売支援に従事。 その他、アパレル業界を専門として、大手企業を中心に各種ECコンサルティング活動に従事 (のべ担当店舗数700以上)。楽天を卒業後、経営コンサルタントの道へ進み、小売企業を中心に様々な業界において経営コンサルティング業務に従事(事業戦略策定、実行支援、EC戦略策定等)その後、株式会社Proteinumを創業。”EC業界にとってなくてはならない存在に”をミッションに、 現在は自社ブランドの立ち上げとクライアントのEC事業の支援に従事。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください