BLOG/Yahoo!/PayPayモール

2021.08.16

PayPayモールとは?Yahoo!ショッピングとの違いを明らかにしながら徹底解説

【記事の対象となる方】

  • PayPayモールについて興味をもった方
  • PayPayモールで販売したい方
  • PayPayモールとYahoo!ショッピングの違いを知りたい方

なんかちょっと前からYahoo!ショッピングで買い物していると、PayPayモールってサイトに飛ぶことがあるなあ。PayPayモールの方がサイトのレイアウトがきれいで商品を探しやすい気がする。。。PayPayモールに出店しているお店はなんだかちゃんとしている店が多いように見えるなあ。。。そんな感じで、PayPayモールへの興味が湧き出てきてしまっている、そこのあなた!

PayPayモール出店店舗様のコンサルティングをしている私が作成しているこの記事を読めば、PayPayモールの概要から具体的な出店方法まですべて理解できます。

ぜひ参考にしてください!

【目次】

  1. PayPayモールとは
  2. PayPayモールとYahoo!ショッピングの違い
  3. PayPayモールに出店すべきかどうか?

1.PayPayモールとは

PayPayモールのコンセプト

PayPayモールのコンセプト

Yahoo!JAPANが作成しているPayPayモールの紹介ページからの引用です。
ここからPayPayモールのコンセプトが明確にわかると思います。

PayPayモール誕生
厳選ストアだけを集めたショッピングモールが誕生しました。
PayPayモールでは、ネットショッピングで感じるストレスを
限りなくゼロにしていきます。
安心・安全なストアだけを厳選し、高品質な商品を素早くお届けします。
さらに、PayPayを使ってお買い物できるので、
便利でお得なネット通販サービスとなっています。
厳選ストアによる、ワンランク上のお買い物体験をぜひお楽しみください。

PayPayモールの特徴

PayPayモールのポイント

PayPayモールでは、以下の簡単・便利なポイントを実現できるように作られています

  • 安全なストアと商品:基準を満たしたストアの商品だけを厳選
  • 探す・比較が簡単:豊富な商品を簡単検索!素早くアクセスして比較
  • お得に買える:PayPayがもらえるお得なキャンペーンが充実
  • 14日間まで返品OK:チャット・電話でも問い合わせ可能

出店レギュレーション

PayPayモール出店基準

  1. Yahoo!ショッピングベストストアアワード受賞歴があり、かつ、過去約90日間において80%以上の期間、「優良店」であること
  2. Yahoo!ショッピング経由での年間流通2億円(税込)以上、かつ、過去約90日間において80%以上の期間、「優良店」であること
  3. 上場企業または上場グループに属する企業であること
  4. (グループを含む)企業年商 100億円以上(「家電」カテゴリ 500億円以上、「食品」カテゴリ30億円以上)であること

※PayPayモールの出店・出品基準(https://s.yimg.jp/images/biz_ec/pdf/mall/item_standard.pdf
※PayPayモールのブランドリストに関する規定(https://s.yimg.jp/images/biz_ec/pdf/mall/brand_list_regulation.pdf
※PayPayモールのブランドリスト
https://s.yimg.jp/images/biz_ec/pdf/mall/brand.pdf

このレギュレーションを見るだけで、Yahoo!の気合が感じられますね。厳選されたストアしか、出店できないので、ユーザーとしては安心して、商品を購入できるモールになっているわけです。

2.PayPayモールとYahoo!ショッピングの違い

PayPayモールのコンセプトをご理解いただいたところで、Yahoo!ショッピングとの違いを説明していきます。

【PayPayモールとYahoo!ショッピングの違い】

  • 出店ストア数
    PayPayモール:1,590店(2021年7月時点)
    Yahoo!ショッピング:約7万店(2020年)
  • 出店基準
    PayPayモール:Yahoo!ショッピングでの優良店舗実績、もしくは上場といった厳しい出店基準
    Yahoo!ショッピング:明確には設けられていない。過去は出店者数を増やすため、基準が極めて低かったと考えられるが、最近は厳しくなっていると考えられる
  • 返品ルール
    PayPayモール:全店舗14日以内
    Yahoo!ショッピング:ストア次第
  • 商品検索
    PayPayモール:PayPayモール出品商品のみ
    Yahoo!ショッピング:Yahoo!ショッピングとPayPayモール両方の商品が検索対象
  • サイトの表示
    PayPayモール:商品ジャンルごとに最適化
    Yahoo!ショッピング:特に商品に合わせた変更はなし

それぞれの違いについて、細かく説明していきます。

出店ストア数

PayPayモールとYahoo!ショッピングでは、出店ストア数に大きな違いがあります。この背景としては、筆者の独自の見解も含めてお伝えすると、有象無象のストアがたくさんあってもモールの価値は上がらない、という結論にYahoo!が至った結果かと思います。
過去Yahoo!ショッピングは楽天市場に追いつくため、出店料無料を打ち出し、大きく出店店舗数を伸ばしました。しかし、結果として、楽天市場との差分は埋まらず。。。
実際売上のほとんどは上位店舗で形成されている現実があるため、PayPayモールを作るに至ったということでしょう。
そのため、店舗数に違いがあるということになります。

出店基準

こちらは、最初の目次に明確に記載している通り、PayPayモールの出店基準は非常に厳しいものとなっています。PayPayモールの品質が高くなっている理由です。

返品ルール

PayPayモールでは、モール全体として、返品を受け付ける体制となっています。出店するストアからすると、負担が大きくなりますが、もともと優良店舗に認定されるようなストアは当たり前のように実施している対応ではあるので、ユーザーの安心を保証する制度となっています。

商品検索

PayPayモールで検索をしても、PayPayモールの商品しか表示されませんが、Yahoo!ショッピングでは、PayPayモールの商品もYahoo!ショッピングの商品も両方が表示されます。
PayPayモールの商品は品質が高いという前提があるので、Yahoo!ショッピングに表示されても問題ないということと、PayPayモールにユーザーを送りたいという意図があるのではないかと考えられます。

サイトの表示

サイトのレイアウト

PayPayモールは、商品ジャンルによって、表示内容が変わります。例えば、ファッションであれば、画像が大きくなり、価格とブランドのみが情報として表示されます。

3.PayPayモールに出店すべきかどうか?

PayPayモールに出店したくても出店できないストアが多いわけですが、いざ出店資格を得た場合でも出店するか悩まれると思いますので、説明していきます。

先に結論からお伝えすると、PayPayモールには出店したほうがいいです。

理由は出店時の唯一のデメリットが、PRオプション2%分の手数料が必ず発生する、というものだからです。
PRオプションというのは、簡単に説明すると、検索順位に下駄を履かせる制度になるので、ただマイナスに費用が発生することにはなりません。そのなかで、優良店舗として認められるアイコンなども表示されることから、出店しない理由はないという結論です。

 

4.終わりに

ここまで、PayPayモールについて説明してきましたが、内容はご理解いただけましたでしょうか?PayPayモールに限らず、EC関係のお悩みなどございましたら、どうぞお気軽にお問合せください!

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください