BLOG/その他

2021.09.25

EC上の店舗ブランディングのメリットや高め方について!

はじめに

今回は、EC上で店舗運営する上でのブランディングについて解説をしていきたいと思います。
ECの運営支援をご支援させていただいている中で、よく頂くお声が「ECサイトのブランディング力を高め方が分からない」「ブランディングのメリットが分からない」などです。
今回はそういった内容について検討をしていきます。

  • はじめに
  • ブランディングの定義について
  • ブランディングのメリット
  • ECサイトのブランディング力を高めるための方法とは?
  • 終わりに : 楽天などのECショップの運営代行、運用代行について

ブランディングの定義について

「ブランド」とは、当該商品に対して消費者が抱いている共通のイメージ、見られ方、のことです。
「ブランド」であると認知されているということは、他の競合商品との差別化ができている状態であり、店舗独自の価値を見出してもらうことができている状態です。
その目的を達成するために重要なのが「ブランディング」です。

「ブランディング」とは、商品や企業に対して持って欲しいイメージや価値を企業側が創り出して消費者に提供することです。
例えば消費者がキャッチフレーズを聞くだけですぐに商品名を連想したり、ロゴマークを見るだけで商品を思い出したりすることは、まさにブランディングの成功例だと言えるでしょう。

ブランディングのメリット

1.ユーザーが自ら訪れるサイトになれる

EC上では同じような商品が多数並んでおり、その中で差別化することは容易ではありません。
その中で新規顧客を獲得するために多くの時間とお金を費やし、体力がなくなり、やめていく。そんな企業が大半であることが現実です。
そうならないために、ECサイトで成功をする為には、他のECサイトではなく、自分たちが運営するECサイトで購入してもらえるよう、お客さんにファンになってもらう必要があります。
ブランディングをして他サイトと一線を画すことで、あなたのサイトでなければ駄目というファンを獲得することができるのです。

2.価格以外の部分で付加価値を付けることができる

価格以外の差別化要素がない状態だと、新規顧客をとるためのフックが、価格を安くするという方法しかなくなります。
しかし、販売価格を下げた状態で売り続けると、利益が減り、運営そのものが困難になる危険性があります。
価格競争は消費者からすると良いのですが、販売する側は共倒れをしてしまう危険が非常に高くなるのです。
そうならないためにも、ブランディングが非常に重要になります。
簡単なことではありませんが、ブランディングができていると、ユーザーはあなたのECサイトで購入するということを目的に訪れてくれます。
安いからではなく、あなたのECサイトで購入することに価値を見出してくれるので、無駄な価格競争を避けることが可能となります。

3.リピーター経由の売上が期待できる

前述したように、ブランディングがうまくできていると、ユーザーはあなたのECサイトのファンになってくれます。
そうなればリピーター獲得にもなるので、繰り返し購入してくれます。
また、人は自分が良いと思ったものは人に勧めることがよくあります。
最近ではSNSの普及により、良い情報も悪い情報も爆発的に広がります。
ファンが新たなお客さんを呼んでくれ、その人がファンになれば、また新たなお客さんが訪れてくれる。
このように、ブランディングによってファンを作ることが、売上アップへのサイクルを作りだしてくれるのです。

ECサイトのブランディング力を高めるための方法とは?

ブランディング力を高める方法は複数存在しますが、基本的な3つのポイントをご紹介いたします。

1.オリジナル商品の開発

他の店舗と同じ商品を、同じ見せ方で販売している以上は、差別化することはできません。
そのため、他のサイトにはないあなたのサイトでしか感じることのできない魅力を作る必要があります。
「オリジナル商品の開発」と、その見せ方を競合とは違う形で表現してあげることが、非常に重要となってきます。
あなたのサイトでしか手に入れることができない商品や情報を提供することがブランディング力を高めることに繋がります。

2.ブランドの方針を決め、ぶらさない

ブランディングをすることで、ファンを増やすことができると前述しました。
ここで重要なのが、全ての人をファンにすることはできないということを理解しておくことです。
人はそれぞれ好みがあり、年齢や性別によってもバラバラだからです。
それを理解したうえでブランディングをしなければ、全てが中途半端になってしまうことになります。
その為、ターゲットはどういった人なのか?どのようなブランドを目指すのかをしっかりと決めて、どのような人をファンにしたいのかを決めましょう。
その上で、対象のターゲットに求められるものが何なのかを考えて、ECサイトを運営していくことが重要です。
ペルソナを決めて、その人々が何を求めているのか、どう訴求したら購入していただけるのかを、しっかり考える必要があります。

終わりに : 楽天などのECショップの運営代行、運用代行について

今回はECにおける店舗ブランディングついて解説をしてみましたが、いかがでしょうか。
弊社では楽天市場をはじめとした各種EC関連の運営代行、運用代行も行っておりますので、ご興味がある企業様はぜひ一度お問い合わせいただければと思います。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください