BLOG/その他

2021.07.25

楽天市場における担当ECCとの付き合い方

本記事では楽天市場に出店している店舗様に関係している担当ECCとのコミュニケーションの取り方などについてご説明させていただきます。

 

【本記事の対象となる方】

  • 楽天市場に出店していて担当ECCとコミュニケーションをとりたいけど、取れていない方
  • ECCとどう連絡を取ればよいかわからない方
  • これから楽天市場で売上を伸ばしていきたいと考えている方

 

目次

  1. ECCとはどういう生き物
  2. ECCとコミュニケーションをとるメリット
  3. ECCとうまくコミュニケーションをとっていくにあたってのポイント
  4. 終わりに

 

 

  1. ECCとはどういう生き物か

すでに楽天市場に出店している方はご存じかと思いますが、楽天市場に出店するとまずECCという担当がつきます。ECCとはEコマースコンサルタントの省略で名前の通り、楽天市場での売上アップのノウハウを熟知した専門のコンサルタントになります。新卒から配属しているECCも多く、年齢は比較的若い方がついてくれるケースがほとんどになります。彼らは各エリアごとに(東京、関西エリア、東海エリアなど)店舗を担当しており、さらに各エリアの中でもジャンル(リテールジャンル、ホーム&ライフジャンル、フードジャンル、ファッションジャンル)に分かれて店舗を担当しています。一人あたり100~150店舗ほどを担当していることが多いです。彼らの仕事としてはコンサルタントという名の通り、店舗の売上を伸ばすことが第一の仕事です。ただ、広告を販売するという営業の側面もあるという事実もあるので、広告を使って売上を伸ばすということに関しては日々事例を集めたりしていく中でノウハウを持っている人になります。

 

  1. ECCとコミュニケーションをとるメリット

ECCとコミュニケーションをとることで得られるメリットは情報です。彼らは楽天に蓄積された顧客データからマーケットデータなどあらゆる情報を自由に確認することができます。楽天市場で売上を伸ばしていくにあたって、そのデータはかなり重要なポイントとなります。例えば、自社の商品がどの時期に売れるかのトレンドや楽天の検索情報などは楽天で販売していくにあたってマストで欲しい情報になります。また、それらの情報以外にも彼らには売れる広告の情報や無料の広告などの情報も持っています。それらをうまく活用することが間違いなく楽天で売上を伸ばすにあたって効率の良い方法だと考えます。また、月に1回くらいのペースでECCとの打ち合わせの場を設けられそうであれば設けましょう。もちろんECCは広告の営業がありますが、マーケット情報などもその打ち合わせで出してくれることが多いです。今はコロナの影響もあり、テレワークが多いので、実際に会社に来たり、行ったりして直接膝を付け合わせての打ち合わせは難しいので、ZOOM等のツールを活用しての打ち合わせになっています。そのため、担当のECCと蜜にコミュニケーションをとることは大切になってきます。

 

 

  1. ECCとうまくコミュニケーションをとっていくにあたってのポイント

上記のECCが仕事をしているかご説明させていただいた上で、ECCとの付き合い方についてご説明していきます。まず、大前提当たり前かもしれないですが、一番ポイントとなるのはECCとWINWINの関係になることです。上記でご説明させていただいた通り、彼らは売上だけでなく、広告という目標がつけられていることもありますので、楽天の広告を活用して売上を伸ばしていくことがもっともWINWINの関係を築ける近道となります。またECCは100店舗以上担当していることもあり、しっかりとコミュニケーションをとれるのは多くてもせいぜい20店舗くらいです。(人によっては10店舗くらい・・)なので、まずはこの20店舗にいかにして入れるかを考えていきましょう。広告を活用している店舗はおそらく半分の50店舗くらいです。その中でもたくさんの広告を使っているのが5店舗くらいなので、少額の広告費でもその20店舗に入ることはできると考えます。では、どうすれば、その20店舗に入ることができるのでしょうか。まずここで考えることはECCも人だということです。100店舗以上担当していると、ほとんどの店舗は楽天のECC=広告売りという認識から電話がかかってきたら、愛想の悪い対応をしたりしがちです。そのような接し方ですと、ECCもコミュニケーションを取りたくなってしまいます。なので、しっかりとECCから連絡が来たら、話を聞くスタンスは忘れないようにしましょう。それで、もし提案があってよさそうであれば、チャレンジして、あまり腑に落ちないようであれば、断りながらも引き続き提案待っているスタンスであることはしっかり伝えていくようにしていくことが重要になります。

 

4.終わりに:楽天などのECショップの運営代行、運用代行について

以上,ECCがどのような人で、コミュニケーションを取ることでどのようなメリットがあるか、どのようにコミュニケーションを取ればうまくいくのかをご説明させていただきました。今楽天市場にすでに出店していて、もっとECCとの連絡の取り方などについて知りたい方は下記リンクよりお問い合わせください。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください