BLOG/その他

2021.05.14

楽天で検索順位を上げる方法とは?徹底解説①

はじめに

本記事では、楽天の検索順位についてフォーカスして解説していきます。
楽天の検索結果で上位をとれるようになることは、楽天で売上を上げていくためにはかなり重要ですよね。
そのためには楽天内のSEOについて、しっかり理解する必要があります。
楽天の検索ロジックは全てが公表されている訳ではありませんが、色々とヒントになる情報は出してくれているので、その辺にも触れていきたいと思います。
本記事は長くなるので、二つに分けて説明していきたいと思います。

プラットフォームの透明性及び公平性の向上に関する取り組みについて

楽天SEOについては色々な情報が出回ってますが、上記は楽天側が公表している内容になりますので、概ね正しいと考えて差し支えないと思います。
以下、楽天の検索についての部分の抜粋になります。 

  1. 検索順位を決定する基本的な事項について

楽天市場の商品検索においては、主に①自然言語処理による検索キーワードと商品の関連性、②検索キーワード毎の商品の人気度をスコアリングして検索順位を決定しております。また、上記要素を常にモニタリング、反映しているため検索順位は常に変動します。

①検索キーワードと商品の関連性とは

検索キーワードと、商品の説明に出てくるキーワードの出現頻度や希少性を加味して商品のスコアリングを行っています。例えば、「軽い」という検索キーワードに対して、商品名や商品説明文で複数回商品の軽さについて説明されていた場合、「軽い」というキーワードに対して関連性が高いとみなします。 

また、例えば「超軽量」というキーワードがついている商品が全商品に対して数が少なく希少だった場合、それらの商品は「超軽量」と検索された場合、よりスコアが高くなります。

②検索キーワード毎の商品の人気度とは

検索を行ったユーザーが、各商品にどう反応したかをモニタリングしユーザーが支持した商品に対して検索キーワードのスコアリングを高く評価します。 

例えば、「マグカップ 軽量」と検索したユーザーが多く支持した商品に対して、「マグカップ 軽量」と検索された場合にスコアは高くなりますが、「マグカップ かわいい」と検索された場合支持されていない際は「マグカップ かわいい」という検索ではスコアを加点しません。

分かりやすいと言えば分かりやすいですが、これだけだと具体的なアクションに繋げるところまで辿り着くことができる人は少ない気がしますね。。

上記について、まずは嚙み砕いて解説していきます。

特定の検索キーワードについて、「出現頻度」と「希少性」が重要である

「出現頻度」について

「取りたいキーワードについては商品名、キャッチコピー、商品説明文内にキーワードをいっぱい散りばめた方が良いよ!」ということです。
もちろんどのくらいの頻度が最適なのかは明記されていませんが、少なくても重要なキーワードは随所に記載すべきということですね。

「希少性」について

次に「希少性」についてひも解いていきましょう。

これは、「ある程度の検索ボリュームが存在していて、かつ競合店舗がキーワード設定していないキーワードを狙うと効果的」、という理解になります。
ややこしい話になってきましたが、この考えは楽天のSEOにおいて超重要になります。
「バッグ」というキーワードをとりたくても、通常は競合店舗も多数狙っているため、楽天の検索結果で上位表示することは難易度が高いです。
一方で、「バッグ レディース おしゃれ」などのように、(恐らく一定以上の検索ボリュームがあるという前提ですが)比較的「希少性が高い(=他がそんなに重要視していない)」キーワードは攻略できる可能性が高くなります
上記の話は、グーグルの検索対策で良く出てくる「ビッグワードではなくスモールワードを狙え」みたいな話と似ていますね。
結論、楽天内のSEOにおいても同じ考え方で対策する必要があるということですね。
なお、希少性の部分については楽天内の検索キーワード別のボリュームをある程度抑える必要があります
この辺は一般公開されていない情報になるので、ご担当のECCの方にご相談してみることをお勧めします。

②検索キーワード毎の商品の人気度とは

次にこちらについて解説していきます。

端的に言うと、「特定の検索キーワード経由の転換率/購入数を上げれば検索順位も上げるよ」ということです。
極端な話、友人100人に「バッグ」という検索キーワードで商品を購入してもらえば、「バッグ」というキーワードでの検索順位が飛躍的に向上することになります。(とはいえ、これはガイドライン違反になりますので、やめましょう。)
「狙ったキーワードで購入数を増やす」ということを合法的に対策していく必要があります。

ここまで楽天の検索ロジックについて、明確に公表されている内容を基に考察してきましたが、上記を基に具体的な対策方針を整理します。

まずはSEOについての基本的な考え方について記載します。

  1. 取るべきキーワードを選定する
  2. 選定したキーワードで、検索結果で自店舗の商品が上位表示させるアクションをとる
  3. 効果検証をして、上記の1と2を繰り返す

取るべきキーワードを選定する

まずは、これがスタートになります。

ここで重要になるのが、冷静に自店舗の立ち位置と目標売上を踏まえた作戦を考えることです。
楽天で既に上位店に位置する店舗は、該当商品に関するキーワードを、優先順位を付けたうえで根こそぎ狙っていく必要があります。
「バッグ 女性」というキーワードで既に上位表示されている一方で、「レディースバッグ」というキーワードでは上位表示されない、というケースがよくあります。
(これは例えばの話になるので、上記のワードがそうなっているかどうかは不明です。)
これはそもそも「レディースバッグ」という検索キーワードでの人気度が低いことが原因である可能性が高いため、キーワード別に個別の作戦を立てましょう。
逆に、新規店など、これから売上を伸ばしていくフェーズの店舗は、「バッグ」などのビッグワードをいきなり狙わずに、「希少性が高い」キーワードを「出現頻度」を上げて、少しづつ、確実に流入数を増やしていく必要があります。(この辺も目標によって異なりますので、一概には言えませんが)

別記事にて、以下の内容について詳しく掘り下げていきたいと思います。

選定したキーワードで、検索結果で自店舗の商品が上位表示させるアクションをとる

効果検証をして、上記の1と2を繰り返す

終わりに:楽天などのECショップの運営代行、運用代行について

今回は楽天が公表している検索ロジックについて詳しく見てきました。
小難しい部分もありますが、非常に参考になる内容になっているかと思いますし、
(手前味噌ではありますが)恐らく上記の内容をしっかり理解している人は楽天の内部でも多くないかと思います。
楽天の検索順位をどう上げるのか、弊社ではプロがしっかりしたご支援をさせて頂いておりますので、お困りの店舗様は是非一度ご相談頂ければと思います。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください