BLOG/EC事業戦略/SEO/その他/宣伝広告

2021.08.01

リスティング広告の概要と代行業者について

  • リスティング広告とは?
  • リスティング広告の代行業者について
  • 代行業者に依頼するメリットとデメリット
  • 代行業者を選ぶうえでの注意点
  • 最後に

はじめに

今回はグーグルやヤフーなどのリスティング広告と、運用代行業者についてご説明します。
まずはリスティング広告の概要をご説明したあとに、実際に広告運用業務を自社で運用するか、代行業者に頼むか、悩まれる方も多いかと思います。
代行業者がどういった業務内容を引き受けてくれるのか、実際の費用対効果が出るの?といった疑問や、運用代行業者を選ぶうえでの注意点について記載していきます

リスティング広告とは?

まず初めに、リスティング広告の概要について押さえていきましょう。
リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果にユーザーが検索したキーワードに連動して掲載される広告のことで、「検索連動型広告」と言われる部類になります。
例えば、漬け物屋さんが自社の商品を露出していきたいときに、自社の商品を「漬け物」「漬け物 ギフト」などの関連キーワードで広告枠を入札することで、露出を図っていくことができます。
リスティング広告が掲載される場所は以下となります。


その他の特徴としては以下になります。

  • 月額1,000円程度でも出稿可能
  • 広告を表示するユーザーに、どのキーワードで露出するか設定ができる
  • 1クリックあたりの料金については自由に設定可能
  • 月々の予算、1日当たりの予算を決めることができる

リスティング広告の代行業者について

では次に本題であるリスティング広告の運用代行をしてくれる業者についてみていきます。
一般的にですが、運用代行業者に依頼をできる業務内容は以下の通りかと思います。

  • アカウント開設
  • 広告の目的、KGI・KPIの策定
  • アカウント構成の作成
  • 入稿
  • 入札
  • 予算、進捗管理
  • レポート作成
  • 改善提案

上記の中で、特に気を付けるべき内容について、かいつまんでご説明します。
まず、「広告の目的、KGI・KPIの策定」についてです。
ここについてはリスティング広告を実施する上での根本の部分になりますので、自社がどういった目的で、どういう目標があるから、リスティング広告を活用したい、という部分をしっかり意思表示する必要があります
運用代行業者はあくまで外部の人間になりますので、自社の想いや目的をしっかり伝えて、リスティング広告を通じて成し遂げたい目標についてはすり合わせが必要です。
その目標を達成するために、定量目標としてセットすべき指標が「KGI・KPI」になりますね。
また、「改善提案」の部分も注意が必要です。
だいたいの業者は月次でレポーティング業務をするケースが多いかと思いますが、改善提案を受けて、広告運用を変えていくのに月一では十分なPDCAを回すことは難しいと思われます。
レポーティング業務自体は月一だとしても、改善提案や簡易的なレポーティング業務は週一で行ってもらえるようにした方が、結果として成長を加速させることが可能となります

代行業者に依頼するメリットとデメリット

では次に代行業者に依頼する際のメリット、デメリットについて触れていきます。
以下の内容をご参考いただき、広告運用を外注すべきかどうか、検討してみていただければ幸いです。

メリット

  • 広告運用をプロに任せることで、費用対効果を最大化させることができる
  • 初期設定やレポーティング業務など、自分たちでやると時間がかかることもすぐできる
  • 自分たちでは思いつかないような改善策の提言がもらえることや、最新情報を反映した運用をしてくれる

デメリット

  • シンプルにお金がかかる(広告費用+代行費用)
  • 広告アカウントを代行業者が保有している場合は、契約解除をした際にデータの引継ぎができない
  • 運用をするうえでのノウハウが自社にストックできない(業者による)

また、費用面については、一般的に、広告費の20%、というのが相場になっています。
月額予算が30万円を下回るような少額予算の場合は、30%以上の率を設定されたり、月額固定方式にして実質的に比率を上げている場合もあります。
その他にも、運用代行業者によっては、初期費用や固定費、○○円以上の場合は××といったレンジが設けられていることもあります。

代行業者を選ぶうえでの注意点

次に、代行業者を選ぶ際の注意点についてまとめます。

  • 自社と同様のジャンルの運用実績があるかどうか
  • 費用面について、広告費用が高すぎないか(高すぎる場合は、多少費用対効果が劣ったとしても、自社で運用した方が結果的に安くなるケースもあり得る)
  • 契約期間が3か月~6か月以内かどうか(あまりに長すぎると問題があっても契約解除ができない)

終わりに:楽天などのECショップの運営代行、運用代行について

今回はリスティング広告と代行業者の選び方についてまとめてみました。
弊社でも広告の運用代行も行っておりますので、お困りの方は是非一度ご相談下さい。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください