BLOG/その他

2021.08.29

ヤフーショッピングのストアマッチ広告の活用方法!徹底解説!

  • はじめに
  • ストアマッチ広告とは?
  • ストアマッチ広告の活用方法
  • ストアマッチの効果測定と改善方法について
  • 終わりに

はじめに

本記事ではヤフーショッピングのストアマッチ広告について解説をしていきます。
ヤフーショッピングでは、楽天市場と比較すると活用できる広告が比較的少ない上に、検索連動の広告はストアマッチ広告が基本となりますので、
どういった広告なのか、どういった使い方をすればよいのか、また効果測定の仕方などについて、しっかり基本をおさせて運用していきましょう。

ストアマッチ広告とは?

アイテムマッチ広告

ストアマッチ広告とは、Yahoo!ショッピングのカテゴリリストページや検索結果ページの専用枠に表示されるクリック課金型広告のことです。
アイテムマッチ広告は一番活用頻度が高い広告です。
CPC(商品別のクリック単価)を設定することで、商品名に入っているキーワードが検索された場合、検索結果のページごとの一番上に商品が表示されます。
これから売り出していきたいという商品にアクセスを入れる場合に活用しましょう。
アイテムマッチ広告を出すことで商品が売れるチャンスを作ることができます。
ただ、チャンスがあっても、商品品質、商品価格、商品ページが購入してもらえるだけ魅力がある状態でなければ売れません
しっかりと競合商品を調査し、売れるだけの準備をしたうえで、広告をかけましょう。

ストアマッチ広告の活用方法

では次に、設定方法と具体的な活用方法について解説をしていきます。

まずは管理画面の「広告」という部分をクリックしましょう。

広告メニューが一覧で表示されるので、「②アイテムマッチ」をクリックしましょう。
ストアマッチ広告とアイテムマッチはほぼ同義になるので、そのまま進めてしまってOKです。

再び広告を選択する画面に推移することがあるので、右上の「ストアマッチ」をクリックしましょう。

ここまできて、いよいよストアマッチ広告の管理画面へと行きます。
「アイテムマッチ」にカーソルを合わせ、「個別入札→商品選択」へとクリックしましょう。
その後、対象商品を選択してきましょう。

対象商品を選択したあとは、商品別にクリック単価を設定していきます。
クリック単価を設定する際は、「金額を指定する」と「掲載順位を指定する」の二つの選択ができます。
自店舗に合った設定をする必要がありますが、「掲載順位を指定する」で1位を選んでも、想定しているキーワードでの検索順位が1位にならない場合がよくあります。
ですので、「金額を指定する」を基本的に使うようにして、希望する掲載順位まで5円ずつ調整していくと、どのくらいのクリック単価が適正なのか、判断ができるようになります。
また、設定上の注意点としては、「月次上限予算」です。
楽天のRPP広告とは違い、ストアマッチ広告の場合は「月次設定予算」に合わせて自動的に日次の消化スピードが左右されます。
配信を加速させたい場合は、「クリック単価」を少し下げて、その分「月次設定予算」を上げていくことでうまく消化スピードを速めることが可能な場合があります。
この辺は出している商材や競合の設定状況によって左右されるので、実際に試しながら運用してみることをお勧めします。

ストアマッチ広告の効果測定と改善法について

では次に効果測定についてみていきましょう。

上記の通り、「実績レポート」をクリックしましょう。
「日別」「月別」「カテゴリ別」「商品別」の四つがありますので、効果測定したいメッシュに合わせてみていきましょう。
最低限見るべき指標としては、「日別」レポートでの日々の消化金額や、「商品別」レポートでの商品別の消化状況、ROASなどの効果測定は必須かと思います。
改善方法としては、上記を参考に以下のKPI設定をしてみることをお勧めします。

  • 広告の予算設定(日次予算が想定通りになっているか)
  • 日別のROAS(月次でのROASに加え、たいていの場合はイベント時のROASしっかり上がっているかどうかが重要)
  • 商品別のクリック単価、ROAS(クリック単価が適正か、ROASをより上げられるように、もう少しクリック単価を下げられないか)

クリック単価や予算設定のテコ入れでROASが改善できない場合は、商品ページの魅力度や価格設定などを競合比較するなどして、見直してみましょう。

終わりに:楽天などのECショップの運営代行、運用代行について

本記事ではヤフーショッピングのストアマッチ広告について詳しく見てきました。
実績レポートを見ながら適宜改善が必要となってきますが、キーワードの調整などが不要な分、それほど運用負荷はかからないかと思います。
弊社では楽天市場をはじめとした各種EC関連の運営代行、運用代行も行っておりますので、ご興味がある企業様はぜひ一度お問い合わせいただければと思います。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください