BLOG/宣伝広告/楽天市場

2021.07.02

楽天市場の無料広告

本記事では楽天市場において、無料で参加できる広告についてご紹介していきます。

 

【本記事の対象となる方】

  • 楽天市場に出店しているけど、広告費を出すことができない状況の方
  • 楽天市場の広告の種類について把握したい方
  • 楽天市場の無料広告の使い方について知りたい方

 

【目次】

  1. 楽天市場広告の種類
  2. 楽天市場の無料広告の種類
  3. 楽天市場無料の広告の使い方

 

 

  1. 楽天市場広告の種類

まず、初めに楽天市場の無料の広告についてご説明する前に楽天市場にどのような種類の広告があるのか紹介していきます。

大きく分けて5種類あります。基本的にRMSのところからすべての広告を購入することはできますが、例外としてスーパーSALEやお買い物マラソンなどの大型イベントの広告はRMSから購入することができなかったりするので、担当ECCに直接問い合わせて確保してもらう流れになります。

 

楽天市場広告

楽天RPP広告

楽天CPA広告

楽天TDA広告

クーポンアドバンス広告

 

店舗様の状況によって使用すべき広告は変わってくると思うのですが、もっとも費用対効果を見込めるのはRPP広告になります。またRPP広告については奥が深い広告でもありますので、別の記事でご紹介させていただきます。

 

  1. 楽天市場の無料広告の種類

それでは早速楽天市場出店において、無料あるいはお得に広告などについてのご説明をしていきます。ただ今回ご紹介させていただく無料広告に関しては店舗様より商品エントリーをした上で当選した場合に利用できる広告になりますので、必ずしも確定で利用できるというものではないことだけご了承いただいた上で読んでください。

まず無料で広告が使える可能性があるものは下記になります。

  • お買い物マラソンの超目玉枠
  • スーパーSALEの超目玉枠、目玉枠、最安値枠

 

 

それぞれについて条件等もありますので、そのあたりを踏まえてご説明させていただきます。

まず、初めにお買い物マラソンの超目玉枠ですが、大前提二重価格が必須の枠になりますので、販売実績がみられる枠になります。またその上でレビューは4点以上、10件以上ある商品でしかエントリーはできません。ここで、注意なのですが、型番の商品に関してはレビューに関しては特に条件はありません。割引率としては型番商品だと10%以上、非型番商品は20%以上という決まりがあります。さらに割引後価格が1,000円以上は必須の枠となりますので、価格の安い商品はエントリーができません。

次にスーパーSALEの超目玉枠、目玉枠、最安値枠についてのご説明になります。まず、スーパーSALEの超目玉枠ですが、レビュー4点以上必須となり件数は特に条件に入っておりません。ただ割引率としては50%オフという高い割引率でなければエントリーできない枠になります。このスーパーSALEの超目玉枠に関しては楽天側としてはスーパーSALEのCMとかに出てるような車半額や〇〇1年分などと誰もが目を引くような商品が当選しやすい傾向にあります。次に目玉枠と最安値枠は基本的に割引率等は同じで型番商品だと10%以上割引、非型番商品だと20%以上割引が条件として決まっているのですが、目玉枠だと当店通常価格の設定が必須となっており、最安値枠だと当店通常価格の設定が不必要となっております。そのため、目玉枠であれば販売実績がついている元ページを入稿する必要があるため、入稿した後実際に掲載されるまで、販売ができなくなってしまいます。一方で最安値枠であれば、元ページを入稿先にしなくてもコピーページを入稿先にすることができるので、掲載までの期間販売することは可能になります。ただ、このようにみると最安値枠の方が使い勝手がいいと見えますが、掲載位置が目玉枠の方がイベントページの上に来るので最終的な売上としては目玉枠の方が取れる可能性が高いです。

 

 

 

  1. 楽天無料広告の使い方

上記楽天の無料広告についてご説明させていただきましたが、無料枠が当選してただ入稿して終わりであれば、もったいないです。当選した後にすべきこととして大きく2点あります。まず1点目ですが、無料の広告は掲載位置もかなり良いので、ページ内にアクセスが入ってきます。そのアクセスをどう活用していくかで売り上げ最大化できるかに大きくかかわってきます。まず、当たったら当選した商品ページに他商品に流すための導線は必ずつけましょう。他セール商品があるならばセール会場等のバナーを作って流してあげるのは効果的です。またセール商品に関しても例えば、イベントの1日の割引商品、2日目の割引商品のように日ごとにセール商品を分けてページに記載をすることでまたそのタイミングで戻ってくるようにお気に入りに入れる確率が上がったりするのでおすすめです。

2点目が無料枠(販売期間設定が必要なもの)は掲載期間が終了したら価格を1円以上あげて、販売を開始しましょう。掲載期間の割引をしている価格と同じ価格でそのあと販売するのは違反行為となりますので、価格を少しあげて販売するところは注意しましょう。

 

終わりに

以上、イベント期間中にとれる無料枠についてご説明してきました。

不明点やもう少しく詳しく知りたいなどございましたら、下記フォームより気軽にご連絡ください。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください