BLOG/アマゾン/マーケティング

2021.05.06

amazon(アマゾン)のクーポンを活用する

【記事の対象となる方】

  • amazonでのクーポン利用方法がわからない方
  • amazonで定価を変更したくないが、売上を上げるための割引施策を検討している方
  • amazonでのクーポン利用を検討している方

amazonは商品登録してからの販売方法のレパートリーが少なく、価格以外での勝負がしにくいと感じる方は多いのではないでしょうか?クーポンも価格に訴求する施策ではあるのですが、メーカーとの関係性を崩さずに安く販売したいという方や、自身がメーカーのため、卸先への提示価格との整合性を取るために、定価は崩したくないといった方も活用できると思います。この記事では、アマゾンで実施できるクーポン施策と実際の実施方法について説明していくので、参考にしてみてください。

目次

  1. アマゾンのクーポンプログラムとは?
  2. どうやってクーポンを活用するか?
  3. まとめ

1. アマゾンのクーポンプログラムとは?

商品ページ上でクーポン利用を設定できます。値下げがしにくい商品の値下げや値下げの限定感を演出するのに、活用できると商品の販売方法に幅を出すことができます。
クーポン活用例

2. どうやってクーポンを活用するか?

以下の流れでクーポンを設定できます。

  1. アマゾンセラーの「クーポン」ボタンを押下する
  2. 「クーポンを作成する」、「最初のクーポンを作成する」ボタンを押下する
  3. クーポンに商品を追加し、クーポン対象商品を選択
  4. 割引額と予算の設定
  5. スケジュールとターゲット(対象者)の設定
  6. 設定内容の確認と登録

アマゾンのクーポンプログラムについての説明です。
クーポンプログラム

① アマゾンセラーの「クーポン」ボタンを押下する

アマゾンセラーのヘッダーメニューのなかの「広告」カテゴリをマウスオーバーすると、「クーポン」があるので、そちらを押下します。

クーポン設定画面への遷移方法
② 「クーポンを作成する」、「最初のクーポンを作成する」ボタンを押下する

「クーポン」設定画面に遷移するので、右上の「クーポンを作成する」ボタンを押下します。

クーポン設定開始ボタン
③ クーポンに商品を追加し、クーポン対象商品を選択

商品という欄があるため、そこの検索画面に対象商品のSKUもしくはASINコードを入力し、商品をクーポン対象商品として、登録します。対象商品の追加が完了したら、「次のステップに進む」をクリックします。

クーポンへの商品追加
④ 割引額と予算の設定

クーポンの「割引額・率」、「1人あたりの使用可能回数」、「予算」を設定します。

割引額・率・予算

予算は次の費用の合計で設定をします。

・割引の日本円相当額
・引換手数料(1回の引き換えごとに60円)

例えば、ある商品に対して100円のクーポンを提供し、100人の購入者にクーポンを利用してもらいたい場合、

(割引の日本円相当額 × 引換数)+(引換手数料 × 引換数)
(100円 × 100)+(60円 × 100)= 16,000円

となります。
注意点ですが、予算はあくまで目安なので超過する可能性も考慮して登録しましょう。
支払額が予算を上回っているのはなぜですか?

⑤ スケジュールとターゲット(対象者)の設定

まず、クーポン名を設定します。例えば15%OFFのクーポンにハンドウォッシュと名前を付けた場合、「15%OFFクーポン ハンドウォッシュ」と表示されます。クーポン名はガイドラインがあるので、注意して設定しましょう。不快感を与えるような語句、割引率、Prime Dayやサイバーマンデーなどイベントに関する語句は、入力が禁止されています。

次に「ターゲットとなる購入者」の設定です。「すべての購入者」か「Amazonプライム会員」か選択可能です。プライム会員だと送料無料などの特典があるので、商品合わせたターゲット設定を行いましょう。

そして、「クーポンのスケジュール」の設定です。クーポンの利用可能期間を設定できます。
ターゲット・スケジュール

⑥ 設定内容の確認と登録

最後にクーポンの設定に間違いがないか確認し、右上の「クーポンを登録」ボタンを押下します。
クーポン設定内容の確認と登録

※クーポン登録時の注意点
クーポン開始の2日前までは登録内容が編集可能です。
2日前を過ぎると、「クーポン有効期間の延長(延長のみです)」と「予算の増額(増額のみです)」しか編集できなくなるので注意してください。

3. まとめ

  • 定価からの値下げができない商品の値下げ施策として、クーポンを活用する
  • 期間限定など、特別感を演出し、イベントに合わせて実施する
  • アマゾンセラーの「広告」→「クーポン」内の案内に従ってクーポン設定を行う

これまでの話をまとめると以上になります。クーポンを適切な金額、タイミングで使用することで、アマゾン内での検索順位をあげるブースト施策として活用しましょう!

ただ、カート取得できる価格で販売できる商品で実施しないと、せっかく売れてもあとの売上が続かないので、注意しましょう。

終わりに:楽天などのECショップの運営代行、運用代行について

amazonや各種ECモール、自社ECサイトの運営にお悩みなどあれば、ぜひ弊社に気軽にご相談ください。以下問い合わせフォームからご連絡お願いいたします。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください