BLOG/Amazon

2022.04.24

AmazonのFBAとは?手数料やメリット、活用方法について

本記事ではAmazonのFBAの手数料や活用することのメリット、具体的な登録方法まで詳細に解説をしていきます。

1.AmazonのFBAとは?

まず最初にFBAの概要説明から入ります。
FBAとは、Amazonの提供するフルフィルメントサービスのことです。
フルフィルメントとは、一般的にはECで商品が注文されてから消費者に商品が届くまで必要な業務全般を指します。
フルフィルメントの業務を細分化すると、「入荷、検品」「棚要れ、商品保管」「コール業務、受注処理」「ピッキング」「検品」「梱包」「発送」となります。
「FBA」を利用するためには、Amazonの出品(出店)サービスに登録し、Amazonに出品する商品を用意し、Amazonの指定通り納品する必要があります。
主にFBAではAmazonが出品者から在庫商品を預かり、商品が売れた場合、梱包から発送を行う部分を代行します。
AmazonはFBA専用の倉庫を持っており、24時間365日、いつでもスピーディーに対応が可能となります。
今回は詳細は割愛させていただきますが、「FBAマルチチャネルサービス」という、店舗や楽天などの他のプラットフォームなどの、
Amazon以外の販売経路で販売している商品のフルフィルメントをAmazonが代行して運用する物流サービスもありますね。

2.AmazonのFBAを活用するメリットとは?

次に、FBAを活用することのメリットについて触れていきます。

①Amazonプライム対象商品になる

FBAを活用することで、お急ぎ便・当日お急ぎ便など、Amazonプライム会員のお客様が無料で利用できる配送特典の対象となります。
価格や商品レベルが同一の場合、どうしても配送スピードが早い商品の方が転換率が高くなる傾向にあります。
FBA発送で対策をすることで、お客様の満足度にもつながります。
また、FBAは24時間365日稼働しているため、緊急の対応もいつでも可能です。

②Amazonブランドで出品できる

プライム会員の多くは、発送元がAmazonであることのチェックを行います。
最終的に「Amazonが発送を行っているかどうか」を購入の判断軸とするのです。
Amazonから発送されるという表記があるだけで、プライム会員だけでなく、お客様全体の信頼や安心感につながります。

③業務負担が軽減する

配送の業務にばかり時間を割いてしまうと、店舗運営の他の業務に使う時間が少なくなりますよね。
FBAに登録して出荷から配送、カスタマー対応までAmazonに委託することで、
商品企画・マーケティングなどのその他の業務に力を注ぐことがで可能です。

④検索結果の表示が上位になる

FBA商品は優先的に検索結果で上位表示されます。
上位表示されることで商品詳細ページへのアクセスもアップし、
売上につなげることができます。

⑤ショッピングカートボックスの獲得率アップ

FBA商品は優先的にカートを取得することが可能です。
カート取得率を高めることで、ユニットセッション率や売上がアップする可能性が高まります。

3.AmazonのFBAにかかる手数料について

月額の固定費はかかりませんが、商品ごとに手数料が発生します。

以下、発生しうる手数料について詳細に解説をしていきます。

①配送代行手数料

注文商品の梱包、配送、カスタマーサービスにおける料金です。
配送代行手数料は全国一律なので、自己発送費よりコストを抑えられる可能性があります。
商品の大きさによって手数料が変動するため、上の表を参考にしながらシミュレーションを行ってみましょう。

②在庫保管手数料

商品サイズ(体積あたり)と保管日数で日割計算されるものです。
(保管日数:FBAに商品を保管した日から、購入者へ商品を出荷した日まで)

③FBA梱包準備サービス

「FBA梱包準備サービス」とは、FBAを利用して販売する商品の梱包をAmazonが代行するサービスです。
商品を適切に梱包、準備することにより、受領時の遅延を軽減することができます。

④長期在庫保管手数料

FBAでは毎月15日に在庫一掃チェックが行われます。
その際に、Amazonフルフィルメントセンターでの保管期間が365日を超える商品に対して、長期在庫保管手数料が発生します。
長期保管手数料が発生する商品はセラーで事前にお知らせがあります。
随時チェックして、無駄な手数料をかけないように心がけましょう。

参考:FBA料金シミュレーター

セラーセントラルには、「FBA料金シミュレーター」という無料でFBAのシミュレーションができるツールがありますので、
導入前にシミュレーションを行って、手数料がかかった上で利益が出るか計算しておきましょう。

<FBA料金シミュレーターの利用手順>

4.AmazonのFBAの登録方法について

続いて、FBAへの登録方法についても触れていきましょう。

  • セラーセントラル上で商品を登録
  • 既にAmazon.co.jp 内のカタログにある商品は検索のうえ出品可能
  • Amazon.co.jp 内のカタログ内にない商品は必須項目を入力し、カタログ内に商品の詳細ページを新規作成し登録
  • 出荷の選択として、Amazonから出荷をするFBA、もしくは自身の出荷と使い分けること可能
  • FBA 商品のご利用は1商品1在庫から、出品者が任意に指定することができる

最後に

今回はAmazonのFBAについて解説をしてきました。
弊社では商品選定やFBAの活用方法のご相談はもちろん、商品登録代行や、売上向上に向けた運営代行のご支援を行っておりますので、
不明点等ございましたら是非お問い合わせください。

Writer米沢 洋平

株式会社Proteinum 代表取締役

大学卒業後、楽天株式会社に入社。 初期配属は東北エリアグループにて、牛タンやりんごなどの東北の名産品の販売支援に従事。 その他、アパレル業界を専門として、大手企業を中心に各種ECコンサルティング活動に従事 (のべ担当店舗数700以上)。楽天を卒業後、経営コンサルタントの道へ進み、小売企業を中心に様々な業界において経営コンサルティング業務に従事(事業戦略策定、実行支援、EC戦略策定等)その後、株式会社Proteinumを創業。”EC業界にとってなくてはならない存在に”をミッションに、 現在は自社ブランドの立ち上げとクライアントのEC事業の支援に従事。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください