BLOG/Amazon

2022.04.09

amazonにおけるスポンサーブランド広告の活用方法

スポンサーブランド広告とは

ブランドロゴ、カスタマイズ可能な見出しとともに最大 3 つの商品をAmazonの検索結果や閲覧した商品の詳細ページに表示することができる、検索連動型の広告です。

スポンサーブランド広告の掲載枠

検索結果の上部や商品詳細ページなど、PCおよびモバイルページの複数の場所に表示されます。以下で実際の検索画面を元に具体的な表示場所を説明します。

検索結果上部の表示例 (PC)

PC検索上位表示

検索結果上部の表示例 (モバイル)

SP検索結果表示

リンク先の設定

スポンサーブランド広告のリンク先は、クリックする場所によって以下のように分かれます。

  • ブランドロゴか見出しをクリックした場合:Amazonストアもしくは専用のランディングページに遷移する
  • 個別商品をクリックした場合:商品の詳細ページに遷移する

スポンサープロダクト広告と違い、商品ページだけでなくAmazonストアやカスタムしたランディングページに遷移させられることが特徴です。

スポンサーブランド広告を活用するメリット

スポンサーブランド広告ではロゴや見出しを活用してブランドの情報やメッセージを広告訴求することが可能です。Amazonストアに顧客を誘導することもできるため、よりブランドの魅力を伝えることも可能です。こうした特徴から、ブランドの認知度を高めながら、同時に商品の販売促進につなげることができる点がスポンサーブランド広告のメリットです。

スポンサーブランド広告の設定方法

スポンサーブランド広告はスポンサープロダクト広告と異なり、ブラント登録という作業が必要になります。
以下で作業を確認していきましょう。

ブランド登録の実施

スポンサーブランド広告を入稿する前に、まず自社のブランドをAmazonに登録する必要があります。ブランド登録のための条件は「商標登録をしている」ことです。その条件を満たしている事業者は、以下のページからブランド登録の手続きを行うことができます。

参考ページ:Amazonブランド登録

キャンペーンの作成

広告キャンペーンマネージャーから「キャンペーンを作成する」を選択し、次の画面で「スポンサーブランド広告」を選択します。

スポンサーブランド広告選択画面

広告フォーマットとリンク先の設定

広告フォーマットは、以下の3種類が選択可能です。

  • 商品コレクション:ランディングページを指定して複数の商品を広告表示させる
  • ストアスポットライト広告:サブページを含むストアを広告表示させる(ストアが4ページ以上で、各ページに商品が1個以上あることが条件)
  • 動画:自動再生の動画で一つの商品を広告表示させる

スポンサーブランド広告レイアウト

リンク先は「Amazonストア」、「新しいランディングページ」、「カスタムURL」のいずれかを選択することができます。

Amazonストアを作成済みであれば、ストアをリンク先として活用することで、ブランドの世界観を伝えることができるので、無駄な工数も発生せず、良いと思います。一方で、特定の商品だけを広告配信したいといった場合は「新しいランディングページ」を選択するとよいでしょう。選択画面から任意の商品を最低3個以上追加することで、簡易的なランディングページが生成されます。

クリエイティブの作成

クリエイティブとして設定するのは以下の4項目です。

  • ブランド名とロゴ
  • 商品
  • 見出し
  • カスタムイメージ(現段階ではベータ版での提供)

商品とは別の画像をクリエイティブに含めることができます

注意すべきこととして、スポンサーブランド広告には広告審査があります。見出しやロゴなどの設定項目があり、規定があるためです。審査手続きは通常24時間以内に完了しますが、最長で3営業日かかる場合があります。

ターゲティング設定

スポンサープロダクト広告と同様、以下いずれかの方法でのターゲティングが可能です。

キーワードターゲティング

設定したキーワードとマッチングした検索語句に対して広告を配信します。ターゲットとしたいキーワードの語句とマッチタイプ、入札額を設定します。

商品ターゲティング

設定した商品ジャンル、もしくは個別商品に対して入札額を設定し、広告を配信しします。ブランドや価格帯、レビューの星の数でターゲットを絞り込むことも可能です。

スポンサープロダクト広告とのターゲティングの違い

スポンサーブランド広告にはオートターゲティングの機能がない

スポンサープロダクト広告にあるオートターゲティングは、ユーザーの検索語句や閲覧した商品詳細ページの情報と商品情報に基づきマッチングし、関連性の高い広告を出稿する仕組みですが、スポンサーブランド広告では使うことができません。

スポンサーブランド広告のみマッチタイプで「絞り込み部分一致」が使用できる

スポンサーブランド広告の場合、設定キーワードの単語の前に半角のプラス記号「+」を追加することで、キーワードとして設定した語句が含まれた時のみ広告を配信することができます。通常の部分一致と違い、より意図した検索語句だけに広告を表示させることができます。

以下が具体例です。
キーワード設定   表示される検索語句の例

  • 水 炭酸(部分一致): 水 500ml
  • +水 +炭酸(絞り込み部分一致): 炭酸水 1000ml

最後に

スポンサーブランド広告について説明してきましたが、いかがでしょうか?
アマゾンでは、各商品ごとでの勝負となり、広告費がかさみがちですが、ブランド訴求で少しでもファンを増やす
動きをしていきましょう。
この記事が参考になりましたら、幸いです。