アマゾンのカートボックス獲得率アップの方法を徹底解説!

今回は、アマゾンのショッピングカートボックスのロジックと、獲得率を上げる方法について解説していきます。
アマゾンで販売している店舗様で、「カートが取れず、取得する方法もわからない」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?
大前提として、「カートボックス」の獲得が売上拡大には必須です。
また、アマゾンの場合はカートボックスが取得できていないと、スポンサープロダクト広告も配信することができません。

1.アマゾンのショッピングカートボックスとは?

まず最初に、定義について説明をしていきます。
ショッピングカートボックスは、商品詳細ページに表示され、購入者が商品をショッピングカートに追加するのに使用する”カートに入れるボタン”のことを指します。
出品商品がデフォルトで商品詳細ページに表示されると、「ショッピングカートボックス利用資格あり」となり、出品機会が増えます。
逆に、出品をしていてもカートボックスを取得できていないと、デフォルト設定ではその商品を書くことができないため、カートボックスを取得することが何よりも大事になってきます。
(カートボックスを取得していないと、以下青枠に少し露出がされる程度です)

2.アマゾンのショッピングカートボックスの確認方法

Amazonショッピングカートボックス獲得率を確認するには、ビジネスレポートを利用します。
小口出品の場合はビジネスレポートを閲覧できないため、出品プランの切り替えが必要です。

ショッピングカートボックス獲得率はパーセンテージで表示されます。
ここで獲得率0%の商品はカートボックスを獲得できていないことになります。
ビジネスレポートにはショッピングカートボックス獲得率の他にも様々な数字を確認することができます。
ページビュー(商品ページの表示回数)にショッピングカートボックス獲得率をかければ自分の商品の閲覧数を予想することができます。
ショッピングカートボックス獲得率に大きく影響するのは商品価格と、競合出品者数です。
獲得率の改善にはビジネスレポートでは確認できない競合調査が必要になります。

また、セラーセントラルからビジネスレポートが確認可能です。

ビジネスレポートの確認はAmazonセラーセントラルにログイン後、レポートから確認します。


「レポート」から「ビジネスレポート」を選択。

左のメニューから「(親)商品別詳細ページ 売上・トラフィック」を選択。

表示された表に「カートボックス獲得率」が表示されます。

 

3.アマゾンのショッピングカートボックス獲得率の向上方法

では次に、具体的にアマゾンのショッピングカートボックス獲得率の向上方法についてみていきましょう。

上記がまとめになりますが、一つ一つ見ていきます。

大口出品登録

まず、カートボックスを取得するためには大口出品登録できていることが大前提となります。
料金は月額4,900円 (固定) + 販売手数料となります。
また、一括出品ツール、注文管理レポート、多様の決済方法の提供、独自の配送料金の設定、お届け日時指定の設定などの接敵が可能となります。

FBA

次にFBAに登録しているかどうかも、カートボックスを取得できるかどうかの大きな要素となっております。
シンプルに配送スピードが上がるという意味もありますが、アマゾンに物流機能を任せることで、アマゾン内でのカートボックス取得について有利になります。

注文不良率

続いて、注文不良率(低評価率、Amazonマーケットプレイス保証申請率、チャージバック率)が低いことが重要となります。

低評価率は、特定の期間に低い評価を付けられた注文数を全注文数で割った数となります。
Amazonマーケットプレイス保証申請率は、指定された60日間に該当する保証申請(以下を参照)が行われた注文数を全注文数で割った数になります。
クレジットカードのチャージバック率とは、特定の期間にクレジットカードに関する問題による払い戻し(チャージバック)が発生した注文数を全注文数で割った数となります。

キャンセル率

上記注文不良率に関連して、キャンセル率が高いと安全な店舗運営ができていないとみなされます。
キャンセル指定された7日間の注文に対し、出品者都合でキャンセルされた注文の割合を表したもの、が定義となります。
(キャンセル率が2.5%を超えていると、アカウントが利用停止になる可能性がある)

出荷遅延率

続いて出荷体制に問題がないか、という点もアマゾンの検索上は重要な要素となります。
FBAなどの外部倉庫を利用することで、出荷体制を整えることが可能となり、特にアマゾンはFBAの利用を推奨しています。

注文数が一定数ある

そして、上記の運営面の安全性がしっかりしていることを前提に、どれだけ販売しているか、という点が非常に重要な要素となってきます。
ユーザーからの信頼がある商品をアマゾンは優先的に表示するため、一定数の商品数が必要となります。

価格が最安値である

注文数が一定数ある=価格が最安値である、という見方ができます。
ただ安ければいいというわけではもちろんありませんが、やはり同じ商品であれば価格競争力が高い商品が売れる傾向にあります。
アマゾンは売上が上がる商品をできるだけ表示させるため、最安値で出品すると、カートが獲得しやすくなる、というロジックとなります。

4.終わりに

アマゾンはカートボックスの獲得率を上げられるかどうかで、売上の半分以上は決まってくるモールです。
さらに詳しく聞きたいなど、お問い合わせがありましたら、下記フォームより宜しくお願い致します。
以下の記事も合わせてご参照ください。

Writer米沢 洋平

株式会社Proteinum 代表取締役

大学卒業後、楽天株式会社に入社。 初期配属は東北エリアグループにて、牛タンやりんごなどの東北の名産品の販売支援に従事。 その他、アパレル業界を専門として、大手企業を中心に各種ECコンサルティング活動に従事 (のべ担当店舗数700以上)。楽天を卒業後、経営コンサルタントの道へ進み、小売企業を中心に様々な業界において経営コンサルティング業務に従事(事業戦略策定、実行支援、EC戦略策定等)その後、株式会社Proteinumを創業。”EC業界にとってなくてはならない存在に”をミッションに、 現在は自社ブランドの立ち上げとクライアントのEC事業の支援に従事。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください

    【amazon】配送設定の自動化とは?配送パターン設定からSKU割り当てまで

    Amazonでは配送設定の自動化が可能です。配送設定を自動化することで、
    配送時に必要な配送日数の計算といった作業を削減することができます。
    ぜひこの記事を読んで、配送の手間を減らすとともに、カートの取得率向上、転換率向上を目指してください!

    Amazonの配送設定の自動化とは

    配送設定の自動化をすると、配送所要日数が正確に自動で算出されます。

    以下がamazonのFAQからの引用になります。

    配送設定の自動化を使用すると、各配送地域に対して、正確な配送地域と配送所要日数を設定した配送パターンをすばやく作成できます。 Amazonでは、出品者が使用する配送会社が提供している配送サービスの正確な配送所要日数を適用し、発送元住所から購入者の所在地までの配送所要日数を動的に算出します。Amazonでは、配送パターンを定期的に更新して、配送会社の配送サービスに対して最新の配送時間を反映します。これにより、出品者は配送パターンを手動で管理しなくても、常に正確な配送設定が実施されます。

    配送設定の自動化は以下をサポートしています:

    • 国内での出品者出荷の通常配送における配送所要日数を自動設定します。
    • 国内の出品者出荷によるプライム配送以外のお急ぎ便(翌日および翌々日)の配送地域を自動設定します。
    • 国内のマケプレプライムの マケプレお急ぎ便(翌日)およびマケプレお急ぎ便(翌々日)の配送地域を自動設定します。

    配送自動化の設定条件

    配送設定の自動化テンプレートで設定した配送日程を守って配送する必要があります。出品者の配送パフォーマンスはamazon側で監視されており、配送期日が守られない場合、amazonが勝手にお届け予定日を延長することがあります。

    お届け予定日が延長されてしまうと、競合している企業、商品との競争に負ける確率が高くなり、結果的にカート取得率、amazonの検索表示順位が低下する可能性がありますので、必ず設定した配送パターンを満たすようにしましょう。

    配送自動化のメリット

    1. 配送所要日数が正確に最短で計算される
    2. 配送所要日数の計算が不要
    3. 転換率の向上

    1.配送所要日数が正確に最短で計算される

    配送所要日数を正しく入力するのは実は難しいため、間違って短く設定してしまわないように、多くの方は長めに設定しているのではないでしょうか?
    お届け予定日が遅くなると、転換率は低下し、結果的にカート取得率の低下、検索順位の低下につながっていってしまいます。
    配送の自動化は、正確で最短の配送所要日数の設定を実現します。

    2.配送所要日数の計算が不要

    Amazonは配送会社の配送パフォーマンスをトラックしています。それにより、発送元住所から購入者の所在地までの、配送会社の配送サービスにおける最新の配送所要日数を自動的に設定することが可能になります。

    3.転換率の向上

    消費者は基本的にすぐに届く商品を購入する傾向にあります。配送の自動化を設定すると、最短のお届け予定日を設定できるため、結果的に商品の転換率が上がります。

    配送自動化の設定方法

    1.セラーセントラルの右上にある設定から配送設定をクリックします。

    配送設定ボタン

    2.配送パターンで、新しい配送パターンを作成して配送設定の自動化を有効にするには、「新しい配送パターンを作成」をクリックし、配送パターン名(「出品者出荷」など)を入力し、配送料として個数・重量制または購入金額制のいずれかを選択します。

    または、既存の配送パターンをアップグレードして配送設定の自動化を有効にするには、既存の配送パターンを選択し、画面の右側にある配送パターンを編集をクリックします。

    配送パターン新規作成

    3.トグルボタンをクリックして、配送設定の自動化を有効にします。

    トグルボタン

    4.発送元住所を選択し、次へをクリックします。

    発送元住所選択

    5.「出品者出荷(プライム以外)の配送設定の自動化を希望します」を選択し、次へをクリックします。

    配送設定の自動化

    6.通常配送の配送所要日数の自動設定を有効にするには、通常配送の自動化設定ページで以下の手順に従います。

    ―配送会社の設定セクションで、使用する配送会社および配送サービスを選択します。

    ―通常配送の配送地域を管理するには、地域の設定セクションで編集をクリックします。

    ―次へをクリックします。

    配送所要日数の自動設定

    7.配送地域の配送料を確認して編集します。

    配送地域ごとの配送料設定

    8.保存をクリックして、配送パターンを保存します。

    ※倉庫住所などは以下の「一般配送設定」から設定可能です。

    一般配送設定

    上記作業を実施することで、配送の自動化設定を行うための配送パターンの設定が完了します。

     

    配送パターンのSKU割り当て

    配送パターンを作成できたら、各SKUへの割り当てを実施することで、配送の自動化が可能になります。SKUへの配送パターンの割り当て方法は以下の2通りがあります。

    1. 「在庫管理」ページから選択したSKUに配送パターンを割り当てる
    2. 「アップロードによる一括商品登録」を開き、ファイルをアップロードして、特定のSKUに配送パターンを割り当てる(merchant-shipping-group列を参照)。

    1.「在庫管理」ページから選択したSKUに配送パターンを割り当てる

    まず、在庫管理を開きます。

    在庫管理箇所
    在庫管理ページを表示すると、商品の一覧が表示されるため、以下部分から配送パターンを確認できます。

    配送一覧、詳細の編集

    「詳細の編集」をクリックします。「詳細の編集」をクリックすると、以下画面が表示され、ページ下部で「配送パターン」を設定可能です。

    詳細の編集

    2.「アップロードによる一括商品登録」を開き、ファイルをアップロードして、特定のSKUに配送パターンを割り当てる(merchant-shipping-group列を参照)。

    まず、在庫アップロードのためのテンプレートをダウンロードします。

    一括商品登録

    以下から、該当する商品ジャンルを選択します。

    該当ジャンル

    テンプレートが出力されるため、データ入力時に表示される赤枠内を埋め、「merchant-shipping-group列」に配送パターンを設定しましょう。

    アップロードテンプレート

    そして、該当ファイルをアップロードすることで、配送パターンをSKUに割り当てられます。商品の配送パターン登録には、時間を要する場合があるため、ご注意ください。
    (目安としては、200商品で1時間ぐらいのイメージです。)

    最後に

    配送設定の自動化について説明してきましたが、いかがでしょうか?ぜひ機能をフル活用して、転換率を上げていきましょう!

    Yahoo!ショッピングの出店手順や審査まとめ

    Yahoo!ショッピングはかつて、ほぼ誰でも出店できるという状況になっていたこともありますが、現在では、出店者の品質を重視しているのか、年々審査基準が上がっており、事前の準備をしておいたほうが無難な状況となっています。
    何としてでも出店したいんだ!という方はご一読いただいた上でヤフーショッピング出店手続きに臨むことをおすすめします。
    数あるモールのなかでもYahoo!ショッピングは初期費用や月額利用料が無料なので費用面で大きなメリットがあります。
    出店の流れやデメリットをしっかりと抑え、今後の計画にお役立てください。

    1.Yahoo!ショッピングへの出店の流れ

    まずはヤフーショッピングへの出店の流れについておさえておきましょう。

    ヤフーショッピング出店の流れ

    1. 申し込みフォームより申し込み情報入力:15-20分
    2. 契約審査、審査結果通知:約2~10営業日
    3. 開店準備:約3週間
    4. 開店審査:約2~5営業日
    5. 開店

    申し込みフォームへの入力から開店まで最大で6週間程度かかるので、予定通り準備を進められるよう事前に出店申し込みは行っておくことをおすすめします。

    2.Yahoo!ショッピング出店プロセスごとの詳細説明

    出店プロセスごとにどのようなことを行う必要があるか?注意すべき点は何か?といった内容について説明していきます。

    1.申し込みフォームより申し込み情報入力

    ヤフーショッピング出店の申込み

    ヤフーショッピングの公式サイトの出店方法紹介ページにて、「出店の申込み」ボタンがあるので、ボタンを押し、入力画面に遷移してください。

    【出店申し込みに必要な情報】

    • Yahoo! JAPAN ID
    • クレジットカード情報
    • 会社情報
    • 代表者情報
    • 銀行口座情報
    • (法人の場合)登記簿謄本、代表者もしくはサービス管理者の運転免許証、運転経歴証明証、在留カード、マイナンバーカードのいずれか1つ
    • (個人事業主の場合)運転免許証、運転経歴証明証、在留カード、マイナンバーカードのいずれか1つ
    • 出店予定商材情報

    情報入力と必要書類の提出が完了すると一度目の審査が開始されます。

    2.契約審査、審査結果通知

    通常約2~10営業日後に、登録した電話番号にヤフーショッピングから確認の電話が来ます。そのあと、ヤフーショッピングから登録した口座に2円の入金があり、確認ができれば審査通過です。この時、免許・許認可等必要な商材を取り扱う予定で申し込みを行った場合は、通常よりも審査に時間が掛かる事があります。

    【お取り扱い商材により必要な免許および情報】

    • 古物(中古品):古物(中古品)を販売する場合、「古物商許可書」情報の入力が必要
    • アルコール酒類全般:アルコール酒類全般を販売する場合、「酒類販売業免許」情報の入力が必要
    • 医薬品:医薬品を販売する場合、「一般医療品販売業許可証」の情報の入力とコピーの提出が必要
    • コンタクトレンズ:コンタクトレンズを販売する場合、「高度管理医療機器等販売業許可証」の情報の入力とコピーの提出が必要
    • レンタル商材:レンタル商材は、「Yahoo!ショッピング出店」でのみお取り扱い可能
    • 役務、サービス商材:レンタル商材は、「Yahoo!ショッピング出店」でのみお取り扱い可能
    • ブランド品:ブランド品を販売する場合、商材情報の入力(仕入先/卸売先、仕入れ方法、正規流通品であることの証明方法などを入力)が必要

    3.開店準備

    審査を通過することが出来たら、次はヤフーショッピングの管理システムである「ストアクリエイターPro」にログインし、ショップの開店準備を行います。ログインに必要なアカウント情報は、審査結果通過の通知メールとともに送付されます。なお、ヤフーショップの開店準備には、以下の項目について設定する必要があります。

    【開店準備時の設定内容】

    • 配送方法、送料の設定
    • ストア情報の設定
    • 会社情報の設定
    • お買い物ガイドの設定
    • プライバシーポリシーの設定
    • 商品やカテゴリーの設定
    • ストアデザインの設定

    開店準備が完了したら、2度目の審査申請をします。

    ※注意点

    ヤフーショッピングでは、商品の予約販売を行うことができます。しかし、ヤフーショッピングにはじめて出店する方は開店準備の段階で「予約販売あり」を選択してしまうと審査に通りにくいという傾向があります。すでに実績のあるショップなどと比べて、信頼度が低いためです。
    このためECサイトへの出店の経験があまりない方は、「予約販売なし」を選択すると、審査を通過できる可能性が高くなると言われています。
    こちらもどこまで信頼できる情報かは定かではありませんが、途中で予約販売を実施するよう変更すればよいので、万全を期すために、「予約販売なし」を選択するといいかもしれません。

    5.開店

    開店審査に通過することができたら、ヤフーショップから「ご利用開始日のお知らせ」がメールで送信されます。この審査には、通常約2営業日ほどかかるとされていますが、免許や申請が必要な商材によっては時間がかかることもあるので、余裕をもって審査を申請するようにしましょう。

    3.Yahoo!ショッピング出店の審査基準は?

    次にYahoo!ショッピング出店に際する審査基準についてみていきます。
    出店するための契約をおこなうための審査と、その後に実際に店舗をオープンするための二つの審査があります。
    やっかいなのは、契約を行うための審査となりますが、こちらはYahoo!ショッピング側の審査基準は非公開であるため、正確なことは分かりません。

    以下の場合は審査が通りづらくなりますので、該当していないか確認してみましょう。

    • 今までにYahoo!が提供するサービスにおいて、規約違反をおこないブラックリストに登録されてしまっている
    • Yahoo!ショッピングやヤフオク!でのや複数店舗への登録されているIDなど、通常ではない痕跡がある

    それ以外の場合は、特殊な事情がない場合は通るケースの方が多いようです。

    4.Yahoo!ショッピングに出店するメリット

    次に、Yahoo!ショッピングに出店するメリットについて整理してみましょう。

    • 出店コストが無料で、出店へのハードルが他モールと比較すると相対的に低い点
      • Yahoo!ショッピングでは固定費が0円となっております。
        その分、売上高や販促内容に応じて、ポイント負担や手数料などのコストがかかってくるため、変動費的にコスト管理ができる点は大きなメリットとなります。
    • Yahoo!はポータルサイトとしての導線を持っており、検索をはじめ、モールならではの導線が確保できる点
      • ニュース・天気予報・質問サイトなど、様々なコンテンツが存在するため、ショッピングモール以外のサービスから集客流入を見込めるところが大きなメリットです。
        さらに、グーグル検索などと同様に、Yahoo!検索を使った際に検索結果画面に商品ページが出てくるため、効率的に集客を行うことができます。
    • Yahoo!ショッピングでは、Yahoo!のショップページから自社の独自ドメインへリンクさせることができる点
      • 自社の企業ドメインや、自社の運営しているSNS、その他のモールへのリンクも可能になっているため、Yahoo!ショッピングから集客して自社に顧客を流すといった方法を取ることもできます。

    5.Yahoo!ショッピングに出店するデメリット

    ではYahoo!ショッピングに出店するデメリットとは一体どのような部分でしょうか。

    • モール内のライバルが多い点
      • 初期費用や固定費としての出店コストがかからないため、楽天市場などに比べると非常に参入障壁が低く、必然的に競合他社が非常に多くなります。
        2019年3月末時点でのYahoo!ショッピングへの出店店舗数は87万店舗を超えており、楽天市場の出店店舗数は2020年10月時点で5万1千店舗のため、大きく上回る数値となっており、その分他社商品との差別化が求められます。
    • 出店コストが無料であるが故に、広告宣伝費が多く必要となる点
      • Yahoo!ショッピングでは「PRオプション」という広告メニューがあり、これは商品に対し1%~30%の料率設定をおこなうことで検索結果画面での上位表示を狙うことが可能になります。
        料率を高く設定すればするほど検索画面での上位表示がされやすくなりますが、アイテムが売れた際その金額に対し、広告費としてかけた料率を払うため、売れれば売れるほど広告費がかかる形となります。
        また料率設定は継続日数が長いほど検索順位のスコアに有利に働くため、いつ料率設定を変えるのか、どれくらいの料率設定をするのかなどのバランスが難しく、コストと売上バランスを左右する重要なポイントとなります。

    終わりに

    通常通り申請および設定すれば、問題なく出店できると思いますので、皆さんのECの成功をお祈りしております。
    お問い合わせ等ありましたら、下記フォームより宜しくお願い致します。
    以下の記事も合わせてご参照ください。

    楽天市場の出店プランは何を選べばよいか?出店費用についても徹底解説!

    Writer米沢 洋平

    株式会社Proteinum 代表取締役

    大学卒業後、楽天株式会社に入社。 初期配属は東北エリアグループにて、牛タンやりんごなどの東北の名産品の販売支援に従事。 その他、アパレル業界を専門として、大手企業を中心に各種ECコンサルティング活動に従事 (のべ担当店舗数700以上)。楽天を卒業後、経営コンサルタントの道へ進み、小売企業を中心に様々な業界において経営コンサルティング業務に従事(事業戦略策定、実行支援、EC戦略策定等)その後、株式会社Proteinumを創業。”EC業界にとってなくてはならない存在に”をミッションに、 現在は自社ブランドの立ち上げとクライアントのEC事業の支援に従事。

      入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

      お問い合わせありがとうございます。
      折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

      は必須項目です。

      氏名(漢字)
      氏名(かな)
      貴社名
      電話番号
      メール
      ウェブサイトURL
      お問い合わせ内容

      こちらからご確認ください