RPP広告とは? これから広告を始める方必読!RPP広告の設定と運用について

楽天市場で店舗を運営していくうえで、最重要といっても過言ではないRPP広告について、
説明いたします。この記事を読んでいただければ、RPP広告の概要から具体的な運用方法、ROASアップのコツまで、
しっかりと理解していただけるでしょう。

RPP広告とは?

簡単に言うと「モール内リスティング広告」です。
googleで検索したときに表示される広告の「楽天版」と考えてください。
楽天市場でユーザーが検索したときに検索結果の上部に表示されます。

商品名の前に「PR」と表示されている商品がRPP広告です。
PCの場合は3商品、スマートフォンの場合は5商品が表示されます。

RPP広告の始め方

RPP広告の概要がわかっても、使い方がわからなければ意味がありません。
まず具体的にどのようにRPPを設定するのか?設定時の注意点は何か?といったことを説明していきます。

RPP広告の基本的な設定方法

以下の流れで設定していきます。

  1. プロモーションメニューの表示
  2. キャンペーン用の各種設定

1.プロモーションメニューの表示

RPP広告の設定はRMSの左メニューより、
広告・アフィリエイト・楽天大学>1 広告(プロモーションメニュー)>検索連動型広告(RPP)に進みます。

2.キャンペーン用の各種設定

キャンペーンメニューより「新規登録」を選択します。

  • キャンペーン名:内部管理用の名前です。設定する商品名や設定した日付などを入れましょう。
  • ステータス:すぐ始める場合は「有効」にチェックをいれてください。設定後に随時変更可能です。
  • 継続月予算:ここに入力した金額は今月以降も継続的に適用されます。こちらも後から変更できます。
  • CPC(1クリックあたりの入札単価):1クリック当たりの単価を入力してください。最低10円から設定ができます。

予算については随時変更可能ですので最初は少額を設定しておき、予算に応じて金額を上げていくのが良いでしょう。
ただし予算を消化してしまうと広告が停止し、再開するまで数時間かかります。

CPCは先ずは最低金額で設定し、広告が表示されるか確認しましょう。
表示される枠数が決まっています(PCの場合は3商品、スマートフォンの場合は5商品)ので他社がすでに自社の設定金額以上で
表示枠数分が登録されている場合は表示されません。

除外商品を設定する

基本的にはRPP広告は全商品が対象となってしまうため、対象にしたくない商品は「除外商品」として登録します。
登録商品が100商品あり5商品だけ対象にしたい場合は残りの95商品を除外商品に登録する必要があります。

登録はCSVファイルで行います。
「ファイルフォーマットサンプル」からCSVファイルをダウンロードし、商品番号を入力してアップロードします。
こちらで入力する番号は「商品管理番号(商品URL)」の方です。

こちらで基本の設定は完了です。24時間以内に広告が表示されます。
楽天市場のバナー広告と違い、事前に広告購入などの申請は不要です。

商品・キーワード設定を行う

上記の状態でも広告は表示されますが、どのキーワードで検索された場合に表示されるかは「商品名」「商品ページ内テキスト」から楽天のAIが判断し表示します。
キーワードを指定したい場合は「商品・キーワード設定」を行います。

まずは「商品」を指定し、その商品に「キーワード」を登録します。
キーワードを指定する場合、CPCは40円からとなります。
こちらもすでに同じキーワードで他社が登録済みで枠が空いていない場合は表示されません。
CPC単価の高い順から表示されますので、他社より高い位置に表示したい場合は単価を上げる必要があります。
登録する際に「目安のCPC単価」が表示されますので、それ以上の単価を設定しないと表示されない可能性が高くなります。

RPP広告の目安単価算出ロジック

キーワードを設定する際にキーワードごとに「目安単価」というものが表示されるようになっています。「目安単価」はこれくらいのCPC単価にすれば表示される可能性が高くなりますといった指標です。以下で、目安単価がどのようにして算出されているのかを説明していきます。目安単価のロジックを理解して、目安単価を下げる方法を考える材料としてください。

目安単価は対象商品の設定キーワードから購入される確率がどの程度かを示す評価になります。つまり、対象商品が設定キーワードからどれくらいクリックされて、どれくらいの人が購入したか(転換率)が見られており、その評価から目安CPCが算出されています。

例えば、あるカバンにRPP広告を設定したときに、【カバン レディース】というキーワードから多くの流入が取れていて、購入されている場合、【カバン レディース】というキーワードの目安単価は安く表示されます。一方で【カバン おしゃれ】というキーワードからの流入がほとんど取れておらず、購入もされていない場合は目安CPCは高く表示されます。

RPP広告設定時の注意点

RPP広告運用時に、注意すべき点があります。
以下をご確認ください。

RPP広告の対象商品

RPP広告では設定すると登録している「全商品」が対象となります。(在庫切れの商品は表示されません)
対象にしたくない商品がある場合は「除外商品」を登録します。
除外商品登録を行った後に登録した商品、倉庫にあった商品を表示させた場合も広告対象となります。
対象にしたくない場合は追加で除外登録をする必要があります。

「商品」を指定して、「キーワード」を設定した商品以外も広告対象となります。
つまり最初CPC10円で設定した広告と商品指定でキーワードを設定した広告の2段階で広告を設定していることになります。
繰り返しになりますが、除外登録をしていない商品は全て対象となりますのでご注意ください。

広告の表示確認

当然ですが他社が常に同じ価格、同じ商品で運用しているわけではありませんので、日々確認が必要です。
レポートは翌日以降でしか確認できず、また何番目に表示されているか、PC・スマートフォンそれぞれで表示されているかなどはレポートでは確認できませんので、実際の表示を目で見て確認する必要があります。

スマートフォンの場合、PCよりも2枠表示が多いのでPCで表示されていなくてもスマートフォンでは表示されている場合がありますので必ずスマートフォンで表示されているか確認しましょう。

在庫切れ商品へのRPP広告設定

在庫切れの商品は表示されませんが、1点でも在庫があれば表示されます。
例えばカラー展開が5色ありそのうち4色が在庫切れの場合、購入に至る可能性が低くなりますので在庫が豊富にある商品に差し替えるなどの対応が必要です。

予算の設定金額

「継続月予算」を少なめに設定している場合は途中で消化してしまう可能性がありますので注意が必要です。
常に設定している予算を把握しておくようにしましょう。

RPP広告設定時のキーワード選定のコツ

キーワードをどう設定していくべきかについて説明していきます。

すでに実績がある商品については、ビッグキーワード(検索ボリュームが多いキーワード)を狙って設定しましょう。

販売の実績がない商品に関しては、まずは複合ワードなどのミドルキーワードを狙って設定しましょう。
というのも、実績がない商品で、いきなりビッグキーワードを狙うと目安CPC単価が高くなり、ROASが下がってしまう傾向にあるからです。

例えば、ソファーを扱っている企業がRPPのキーワード設定をする場合は【ソファー】というビッグキーワードをいきなり設定するのではなく、【ソファー 3人掛け】や【ソファー 北欧】などといった複合キーワードを狙っていくようにしましょう。

RPP広告の効果(ROAS)のあげ方

RPPは運用型の広告になります。そのため、しっかりと上記で説明した効果測定レポートから出てきたデータを分析し、改善していくことが重要になります。
では、どのように効果測定レポートを分析して効果を上げていくのか説明していきます。

効果測定レポートの概要

RPPの効果をあげるために、必ず見ていただきたいのが効果測定レポートになります。実際に行った広告の効果が見れるレポートです。
効果測定レポートはRPPの設定のパフォーマンスレポートから確認することができます。

レポートは商品別やキーワード別、キャンペーン別で確認することができ、またそれぞれに対して月別、日別でレポートを出すことができます。

出てくるデータは下記になります。

効果測定レポートのデータ項目

  • 売上
  • 売上件数
  • CVR
  • CTR
  • クリック数
  • CPC実績
  • 注文獲得単価
  • ROAS

上記それぞれに対して新規顧客のデータ、既存顧客のデータまたクリックされてから12時間のデータ、720時間のデータという形で出力されます。

商品別レポートの見方

商品別のレポートで見るべきポイントはクリックされているものの、売れていない商品です。そのような商品はただクリックされて費用が発生してしまっているが、売れておらずROASを押し下げている商品になります。除外商品に登録するか、あるいはCVRを上げる方法を検討するようにしましょう。

キーワード別レポートの見方

キーワード別のレポートで見るべきポイントはRPP広告経由での売上が立っていないキーワードです。それらのキーワードは除外して他のキーワードを設定するか、あるいはそのキーワードで実際に検索してみて、他の競合の商品と比較して自社の商品が買ってもらえるように対策できないかを検討してみましょう。

RPP広告の攻略まとめ

それでは、最後に上記でご説明したRPPについてとRPPを使って売上を伸ばすため攻略法をまとめます。

  1. RPPはモール内のリスティング広告
  2. 設定はRMSの広告から可能
  3. 基本的に全商品対象となり、除外商品の登録が必要
  4. 商品別の設定が可能(キーワードやクリック単価など)
  5. 狙ったキーワードの設定が大切
  6. 広告効果をあげるには効果測定レポートを見るのが重要
  7. 主に効果測定レポートで見るべきは効果を押し下げている商品あるいはキーワードに対しての対策が必要

RPP広告を積極的に活用し、売上アップにつなげていきましょう!

Writer渡邊 嵩大

株式会社Proteinum 取締役

楽天市場に入社し、広告企画販促部で広告の企画および販促を担当。コンサル会社に転職後、大手通信事業者の新規事業(EC)の立ち上げ、大手化粧品メーカーのブランド戦略、外資系生保の営業戦略などに携わる。あるときECの可能性を再確認し、プロテーナムに参画。ECの上流設計をメインにしつつ、D2C事業にも携わる。ベンチプレス120kgを目指し、日々自分の限界に挑んでいる。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください

    以下の記事も合わせてご参照ください。

    楽天市場で広告は必要か?

    楽天市場の広告を理解できる!広告別の特徴は?