ECにおけるクラウドファンディングの活用方法

ECサイトを運営されていて、クラウドファンディングを使いたいと考えている方や新しい商品を販売する際に、コストがネックになってしまっている事業者の方たち向けの記事です。クラウドファンディングの説明から実際のプロジェクト実施の流れ、ECへの活用時のポイントを説明していきます。

1.クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせた造語で、「インターネットを介して不特定多数の人々から少額ずつ資金を調達する」ことを指しています
クラウドファンディングは、「手軽さ」や「拡散性の高さ」、「テストマーケティングにも使える有用性」といった点が魅力的な新たな資金調達の仕組みとして近年注目されています。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには色々な種類がありますが、ECにおいては、「購入型クラウドファンディング」を知っていればまず問題ないでしょう。
これは、起案されたプロジェクトに対して支援者がお金を支援し、支援者はそのリターンとしてモノやサービスを得る仕組みのクラウドファンディングです。
購入型という名の通り、支援者は起案者がリターンとして設定した商品やグッズ、サービス等を購入するような感覚で支援することができます。

購入型クラウドファンディングの実施方式

購入型クラウドファンディングには以下2種類のやり方があり、起案者はどちらで資金調達をおこなうか選ぶことができます。

  • 「All or Nothing型」
  • 「All In型」

「All or Nothing型」は、募集期間内に目標金額を達成した場合のみプロジェクトが成立します。目標金額が集まってはじめて実行可能となるプロジェクトの場合は、こちらがおすすめです。

「All In型」は、目標金額に達していなくても、一人でも支援者が出ればプロジェクトの成立が認められ、集まった資金を起案者は獲得できます。ただし、掲載時にプロジェクトの実施を確約する必要があるため、内容によって利用できない場合があります。

2.クラウドファンディング実施の流れ

クラウドファンディングはプラットフォーマーへプロジェクトの申請を行って始めていきます。主な流れは以下の通りです。

  1. プロジェクト内容の作成
  2. クラウドファンディングのプラットフォーマーとの面談
  3. プロジェクト集客用ページ作成(クラウドファンディング実施サイト内)
  4. 審査
  5. プロジェクト公開に向けた事前告知
  6. プロジェクトの公開
  7. プロジェクト掲載中の告知活動
  8. 支援金の入金
  9. クラウドファンディング終了後のリターン配送

クラウドファンディング実施時のポイント

クラウドファンディング実施時に抑えておくべき点について、細かく説明していきます。

2.クラウドファンディングのプラットフォーマーとの面談

日本のクラウドファンディングのプラットフォーマーの主要プレイヤーは以下の3つです。
他にもたくさんのプラットフォームがあるので、自社に合うサービスを探しましょう。基本は見られる機会の観点から大手サービスを利用するのが通常です。

クラウドファンディングサービス一覧

  • CAMPFIRE(https://camp-fire.jp/)
    • 特徴は、「BOOSTER」など同社が運営する全サイトの支援者約650万人にアプローチできる点です。幅広いジャンルの案件を取り扱っているのも魅力的といえるでしょう。
    • 新規案件数:比較サイトのなかでトップ
    • 審査:最短1日〜5日と非常に早い
    • 入金:最短でも1か月と平均並み
    • 新規・終了間近の案件の調達率:平均
    • 手数料:17%と全体平均と同じ水準。安くなるキャンペーンもあるのでタイミング次第でコストを抑えることも可能。
  • Makuake(https://www.makuake.com/)
    • 特徴は、ガジェットなどモノ系商材に強い点です。累計1万件以上のプロジェクトを掲載しており、これまでで200億円の資金調達を行っているため、実績のあるサイトで始めたい人には魅力的といえます。
    • 新規案件数:平均を大きく超えている
    • 審査:最短8日(平均以上)
    • 入金:最短31日(平均以上)
    • 新規・終了間近の案件の調達率:平均と比較して高い
    • 手数料:20%(高め)
  • Readyfor(https://readyfor.jp/)
    • 購入型・寄付型どちらも対応していますが、社会貢献などの案件に強いのが特徴。累計2万件以上のプロジェクトを企画し、累計240億円の資金を調達した実績豊富なサイトといえるでしょう。
    • 新規案件数:平均より優秀
    • 審査:最短2週間
    • 入金:最短でも2か月と長め
    • 新規・終了間近の案件の調達率:平均33%
    • 手数料:12%(手軽)

3.プロジェクト集客用ページ作成(クラウドファンディング実施サイト内)

集客用ページですべて決まると言っても過言ではありません。集客がうまくいっている商材は100%きれいなページを作成しています。ECサイトの一商品ページを作成する気持ちで作成しましょう。ページ作成に自信がない場合、外注業者の活用を検討しましょう。

5.プロジェクト公開に向けた事前告知および7.プロジェクト掲載中の告知活動

プロジェクトを公開するだけでは、お金は集まりません。SNSや自社サイトでの告知、PRtimesなどの掲載サイト、場合によっては広告も活用して、何としてでもお金を集めましょう。

3.ECにおけるクラウドファンディングの活用方法

クラウドファンディングを実施する際のECにおけるメリットとして、以下の5つがあります。

テストマーケティング

支援者の年齢層や男女比、住んでいる場所などのデータは、管理画面で見られるようになっているサービスがあります(Makuakeは管理画面で確認可能です)。どのようなユーザーに自社の商品のニーズがあるのか確認できるのです。一点注意しておかなければいけない点は、クラウドファンディングで支援をするようなユーザーは一般的な感覚と乖離がある可能性があることです。クラウドファンディングでうまくいったからと言って、結果を鵜呑みにしないよう気をつけましょう。

PR・初期顧客の獲得

クラウドファンディングを実施することで、事前にPRが可能です。というのも、クラウドファンディングのサイトはSEOに強いため、多くのユーザーの目に触れる機会があり、単に自社だけで、プロモーションするより、高い認知を獲得できるからです。また他の媒体で記事として取り上げられる可能性もあります。またリターン品として、新製品を届けて「また買いたい」と思ってもらいファン化することで、ECサイトの顧客を拡大できるメリットも得られます。

実績づくり

プロジェクトの成功を実績として活用することが可能です。通常であれば認知がない状態で、広告を打ったり、卸先への営業をする必要があるため、最初は相当苦労するものですが、クラウドファンディング時点でうまくPRできていれば、最高のスタートダッシュを切ることができます。

在庫リスク軽減

事前にどの程度売れるか、クラウドファンディング実施時点で判断基準を得られるため、用意する在庫数の精度を高めることができます。

必要なお金を集める

資金調達として活用し、目的に応じた、必要な費用を集められます。購入応援型のクラウドファンディングでは、資金集めというよりは、使った費用の補填もしくはそれ以上の資金獲得の要素が強いです。

まとめ

ECにおけるクラウドファンディングの活用方法の説明をしてきましたが、少し長くなりましたので、最後にまとめて終わります。

  • 「購入型クラウドファンディング」
    起案されたプロジェクトに対して支援者がお金を支援し、支援者はそのリターンとしてモノやサービスを得る仕組みのクラウドファンディングです。
  • クラウドファンディング実施のポイント:
    ①大手のプラットフォームサービスを利用する②ページは徹底にこだわる③告知をSNSから広告まで手段を選ばず実施する
  • ECにおけるクラウドファンディングの活用方法:
    ①テストマーケティング②PR・初期顧客の獲得③実績づくり④在庫リスク軽減⑤必要なお金を集める
Writer渡邊 嵩大

株式会社Proteinum 取締役

楽天市場に入社し、広告企画販促部で広告の企画および販促を担当。コンサル会社に転職後、大手通信事業者の新規事業(EC)の立ち上げ、大手化粧品メーカーのブランド戦略、外資系生保の営業戦略などに携わる。あるときECの可能性を再確認し、プロテーナムに参画。ECの上流設計をメインにしつつ、D2C事業にも携わる。ベンチプレス120kgを目指し、日々自分の限界に挑んでいる。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください

    ECにおけるキャッチコピーの作り方

    【記事の対象となる方】

    ECサイトを立ち上げて、商品名や広告出稿内容などを検討する必要が出てきている方がこの記事にたどり着いた
    のではないでしょうか?そんなキャッチコピーの作り方に悩んでいる方にどのような方法でキャッチコピーをつくるのがよいか、
    お伝えしていきます。

     

    キャッチコピーとは?

    主に商品や作品の広告など、何らかの告知や宣伝に用いられ、謳い文句や煽り文句となる文章で、
    広告コピー(広告文)の一部である。惹句(じゃっく)とも呼ばれる。

    フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

    キャッチコピーとは広告に使用される謳い文句というのは分かりました。
    ただ、どうやってキャッチコピーを作成するのかよく分からないと思い、
    もう少しキャッチコピーについて調べてみました。
    もう少し分かりやすくキャッチコピーを噛み砕くと

    「何らかの目的のために 何かしらの工夫で人を振り向かせる力のある文章」と定義されるそうです。

    そこを踏まえて、キャッチコピーを作っていくかと考えていけば分かりやすくなりますね!

    キャッチコピーの役割

    キャッチコピーの役割を少し明確化させてみます。

    1.広告を見るターゲットを引き止めて、キャッチコピーに注目させること。
    2.ターゲットが興味を引かれる、パッと見て分かりやすい文章。
    3.ターゲットの好奇心を掻き立て、広告の内容を気になるようにすること。

    この3点を考慮して、考えていくと良いです。

    ターゲット層に刺さるキャッチコピーの作り方

    キャッチコピーを作る際には、ターゲット層を明確にしたうえで、刺さるコピーを作る必要があります。
    そのために、以下の段階を踏んでキャッチコピーを考えていきましょう。

    1. ターゲット層の明確化
    2. ターゲット層に刺さる商品の強みの洗い出し
    3. 商品の強みのキャッチコピー化

    1.ターゲット層の明確化

    ターゲット層を明確にしないと、誰の目にも止まらないコピーをつくることになってしまいます。
    訴求すべきターゲット層を明確にすることで、ターゲットの琴線に触れるとがったキャッチコピーを生み出すことができます。
    ターゲット層は主に以下の要素に分解し、ペルソナを設定するとよいでしょう。
    よなよなエールを製造しているヤッホーブルーイングなどは、個人を特定できそうなレベルまでペルソナを磨き上げて
    商品を企画していることは有名です。

    • 属性(性別、年代別、年収別、居住地、持っている自動車、生活スタイル、など)
    • 価値観(品質と価格のバランス、デザイン性、環境への配慮、など)
    • 悩み(皮膚トラブル、睡眠トラブル、娯楽、など)

    2.ターゲット層に刺さる商品の強みの洗い出し

    ターゲットとするペルソナを明確にしたら、販売する商品のどのような要素がターゲット層に刺さるかを考えましょう。
    同じ商品を買ったとしても、購入理由は様々です。
    たとえば、スポーツドリンクを購入する人には、「これから運動する人」、「二日酔いの人」、「風にかかった人」、など色んな理由で購入している人がいます。それには、「体に吸収されやすい」というスポーツドリンクの特徴があるという理由があります。
    このように、ターゲット層に刺さる商品の強みを洗い出し、言語化の準備をしましょう!

    3.商品の強みのキャッチコピー化

    具体的にイメージできるようなペルソナを設定し、ペルソナに刺さる商品の強みを洗い出し、
    とがったキャッチコピーを作りましょう!
    言葉のチョイス、言葉の順番、文字数など、様々な要素がありますが、少し変更するだけでも、
    全く印象が違ってきます。たくさんの案を出し、自信をもって良いと思えるキャッチコピーを
    作りましょう。

    キャッチコピーをつくる際の5つの法則

    そしてキャッチコピーには説得力あるキャッチコピー5つの法則があります。

    1.注意を引く

    キャッチコピー最大の役割はターゲットの興味を引きつけること。
    興味を引くためには、何らかのインパクトのある文章、ターゲットの感情に訴える文章、
    好奇心をそそらせる文章のどれかが必要です。

    例:今よりも明日の自分が若く見える方法があるって本当?
    お肌ケアにやりがちなミス5つ、あなたもやってしまっていませんか?

    2.ターゲットを絞り込む

    ターゲット層に響く言葉を選ぶことで、読む人を絞り込む。
    万人にアピールするキャッチコピーは、結局誰も振り向かない。

    例:なぜ新人起業家は失敗するのか、どうすれば失敗を防げるか
    起業家向けのipadアプリ・ベスト10

    3.読者をボディコピーへ引っ張り込む

    ※ボディコピーとは
    キャッチコピーのように一言ではなく、商品やサービスの詳細を紹介する文章のことを指します。
    「本文」「本文コピー」と呼ばれることもあります。

    キャッチコピーは、自社のアイディアを売り込む場ではありません。
    キャッチコピーが売り込むべきものは
    「(キャッチコピーの指している情報や商品の)情報が気になる」という欲求につなげる事です。
    つまり、詳しく説明するとキャッチコピーによって商品やサービスが気になり、その情報を調べたくなるということです。

    例:7日間で本を1冊書き上げる方法
    あなたがするべき内容はそこにあります

    4.「ビッグアイデア」を打ち出す

    ※ビックアイディアとは、「新しく、面白く伝える発想」のことです。
    自社商品の最大のベネフィット(顧客が商品やサービスから得られる効果や利益)は何か。
    どうすればそれが確実に手に伝わるのか。
    この考えをキャッチコピーに入れ込むとターゲットに伝わりやすくなります。

    例:今すぐ仕事の効率化を3倍に上げる方法があります。今の作業が常に正しいとは限りません。

    5.信頼を構築する

    買い手の注意を引く強力な武器のひとつが、「知名度」です。
    「知名度がある芸能人や著名人」を活用できる予算やコネクションがある場合は、
    可能な限りキャッチコピー中で使ってみるといいと思います。

    例:心理学博士●●●●が明かす、自制心を鍛える秘訣
    ハーバード大学の研究で明らかになった。成功者に共通する3つの特徴

    以上の5法則を守ってキャッチコピーを書けば、広告は成功する可能性が上がるそうです。
    ということは、そのキャッチコピーによって商品やサービスの売り上げも増えるということになります。

    効果的なキャッチコピーには一定のパターンがあります。
    スーパーのレジの列に並んでいる時に、
    レジ棚に並んだ雑誌の見出しに興味を引かれて思わず手に取ってしまった経験はありませんか?
    これもキャッチコピーの効果だそうです。
    今回1例を出させていただきます。

    ハウツー型キャッチコピー
    ハウツー型キャッチコピーではターゲットが望む、
    もしくは希望するベネフィット(顧客が商品やサービスから得られる効果や利益)を
    引き合いに出すのがコツです。

    例:毎日欠かさずブログ記事を書く方法
    フリーランサーがもっと多くの顧客を獲得する方法

    いかがでしたか?
    こういったパターンにハマったキャッチコピーをフルに活用できれば、
    自社の広告やセールスにターゲットの興味を引き自社のサービスや商品を購入してくれる可能性が上がりますね。
    例を参考にキャッチコピーを考えると思い浮かびやすくなるかと思います。

    引用元:セールスライティング レイ・エドワーズ

    終わりに

    弊社はECの制作代行を実施しております。
    弊社へのご依頼などは、以下フォームにご入力いただき、ご連絡いただけますと幸いです。

    Writer米沢 洋平

    株式会社Proteinum 代表取締役

    大学卒業後、楽天株式会社に入社。 初期配属は東北エリアグループにて、牛タンやりんごなどの東北の名産品の販売支援に従事。 その他、アパレル業界を専門として、大手企業を中心に各種ECコンサルティング活動に従事 (のべ担当店舗数700以上)。楽天を卒業後、経営コンサルタントの道へ進み、小売企業を中心に様々な業界において経営コンサルティング業務に従事(事業戦略策定、実行支援、EC戦略策定等)その後、株式会社Proteinumを創業。”EC業界にとってなくてはならない存在に”をミッションに、 現在は自社ブランドの立ち上げとクライアントのEC事業の支援に従事。

      入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

      お問い合わせありがとうございます。
      折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

      は必須項目です。

      氏名(漢字)
      氏名(かな)
      貴社名
      電話番号
      メール
      ウェブサイトURL
      お問い合わせ内容

      こちらからご確認ください