BLOG/アマゾン

2021.04.09

【2021年作成】amazonに出店する方法と費用

【記事の対象となる方】

  • これからamazonへの出店を考えている方
  • amazonに出店したいけど手数料がわからなくて、手が出せていない方
  • amazonの出店の流れをとりあえず知りたい方

amazonへの出店を考えており、とにかくてっとり早くまとまった情報が知りたいという方向けの記事です。ぜひご確認ください。

目次

  1. amazon出店までの流れ
  2. amazon出店にかかる費用
  3. amazonに出店する方法と費用まとめ

 

1.amazon出店までの流れ

出店申し込みページ

    1. amazonページから申し込みボタンを押下
    2. 書類の準備
      • 会社の所在地および連絡先住所
      • 電話番号
      • 請求可能なクレジットカード
      • 個人情報の詳細
    3. ビジネス情報の入力
    4. 出品者の情報の入力
    5. 請求情報の入力
    6. ストア情報の入力
    7. 認証

やはり世界最大のECモールなだけあって、amazonへの出店には、非常にわかりやすい入力フォームがありますので、上記の流れに沿って情報を入力していけば問題なく、出店できます。

2.amazon出店にかかる費用

  • 月額登録料:大口出品プランの場合、4,980円/月
  • 販売手数料:商品ジャンルに応じて、8-15%
  • 配送料:設定した配送料
  • FBA手数料:FBAサービスを活用する場合、注文の処理、保管、オプショナルサービスに対して料金が発生する

これらが出店に伴い発生する費用です。それぞれについて、細かく説明していきます。

2つの出品プラン

出店プラン

 

Amazonには2つの出品プランがありますので、特徴とどのような方向きのプランか説明していきます。

 

  • 大口出品プラン:月額4,900円+販売手数料

販売する商品の点数が何点でも、毎月一定の費用がかかります。小口出品プランの場合、商品1点につき100円がかかるため、月に50点以上の商品を販売する予定がある場合、大口出品プランの選択をおすすめします。そのため、ECで今後売上を上げていきたいという法人の方は基本的に「大口出品プラン」一択です。

大口出品プランのメリットは以下の通りです。

  • 追加のカテゴリーへの出品申請が可能
  • 一括商品登録が可能
  • 在庫管理でCSVファイルでの入出力やレポート出力が可能
  • 検索結果で上位に表示されやすい
  • アカウントに複数のユーザーを追加可能

小口出品プランでは、使うことができない多くの機能があります。

  • 小口出品プラン:販売した商品1点ごとに100円+販売手数料

amazonで売れなかった時のために、費用はできるだけかけずにamazonに出品したいという方や、個人で実施しているため、固定費は上げたくないという方向けのプランです。

ただ小口出品では、使える機能が非常に少なく、本来売れる商品でも売れるかどうか判断できない部分もありますので、ある程度amazonでの販売に慣れてきたら、思い切って大口出品に変更することをおすすめします。

 

販売手数料

amazon出店時にかかる費用として、一番重要といっても過言ではないのが、商品の登録ジャンルごとに異なる販売手数料です。利益を圧迫し続ける要素なので、正確に把握したうえで、出品しましょう。

販売手数料表

販売手数料表

販売手数料

手数料6%

  • パソコン周辺機器

手数料8%

  • カメラ・写真
  • 携帯電話
  • エレクトロニクス
  • SIMフリー携帯電話・スマートフォン
  • TVゲーム機本体

手数料12%

  • 3Dプリント商品
  • カー&バイク用品
  • 産業・研究開発用品(外食産業、清掃&衛生を含む)

手数料15%

  • ホーム&ガーデニング
  • キッチン
  • CD・レコード
  • 楽器
  • 文房具・オフィス用品
  • アウトドア
  • PCソフト&パソコン周辺機器/TVゲーム
  • スポーツ(スポーツ関連コレクター商品を除く)
  • DIY・工具
  • おもちゃ&ホビー
  • ビデオ・DVD
  • その他のカテゴリー
  • コレクター本
  • 旅行かばん&トラベル用品
  • シューズ・ハンドバッグ・サングラス

手数料8-15%

  • ベビー&マタニティ(ベビー服を除く)
    • 売上の合計が10ドル以下の場合は商品代金の8%
    • 売上の合計が10ドルを超える場合は商品代金の15%
  • エレクトロニクス アクセサリ
    • 売上の合計が10ドル以下の場合は商品代金の15%
    • 売上の合計が10ドルを超える部分については商品代金の8%
  • 大型家電
    • 売上の合計が300ドル以下の場合は商品代金の15%
    • 売上の合計が300ドルを超える部分については商品代金の8%
  • ビューティ
    • 売上の合計が10ドル以下の場合は商品代金の8%
    • 売上の合計が10ドルを超える場合は商品代金の15%
  • 食品&グルメ
    • 売上の合計が15ドル以下の場合は商品代金の8%
    • 売上の合計が15ドルを超える場合は商品代金の15%
  • ヘルスケア&パーソナルケア(パーソナルケア用品を含む)
    • 売上の合計が10ドル以下の場合は商品代金の8%
    • 売上の合計が10ドルを超える場合は商品代金の15%

手数料10-15%

  • 家具(アウトドア家具を含む)
    • 売上の合計が200ドル以下の場合は商品代金の15%
    • 売上の合計が200ドルを超える部分については商品代金の10%
    • マットレスについては、価格帯関係なく15%

手数料3-16%

  • 腕時計
    • 売上の合計が1,500ドル以下の場合は商品代金の16%
    • 売上の合計が1,500ドルを超える部分については商品代金の3%

手数料5-20%

  • ジュエリー
    • 売上の合計が250ドル以下の場合は商品代金の20%
    • 売上の合計が250ドルを超える部分については商品代金の5%

以上となります。販売手数料が改定されることもありますので、必ず確認してから出品するようにしましょう。

 

FBA手数料

アマゾンに出店したいけど、商品の配送作業をする余裕がない。。。やり方がわからない。。。そんな方におすすめなのが、アマゾンが配送作業を代行してくれるFBAです。

手数料としては主に以下2つが発生します。

  • 配送代行手数料
  • 在庫保管料

細かい条件によって料金が変動するため、以下のリンク先を参照ください。

FBA手数料の算出方法(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/external/201112670?language=ja_JP&ref=efph_201112670_cont_201074400

 

以上がamazonに出品する際に発生する費用になります。

ぜひ料金を正確に把握したうえで、amazonを有効活用してください。

 

3.終わりに:楽天などのECショップの運営代行、運用代行について

  • amazonの出品申し込みサイトから申し込み
  • 本格的にamazonで売上を立てたい方は、迷わず大口出品プランを選択
  • 各種手数料を正確に把握したうえで、出品する

以上がamazonに出品する際に抑えるべきポイントです。

しっかりおさえて、万全のスタートを切りましょう!

 

amazonや各種ECモール、自社ECサイトの運営にお悩みなどあれば、ぜひ弊社に一度ご相談ください。以下問い合わせフォームからご連絡いただければ、ご返信させていただきます。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください