BLOG/その他ノウハウ

2021.10.23

キャッチコピーの作り方

【記事の対象となる方】

  • キャッチコピーを作ろうとしている方

【今回の記事の内容】

  • キャッチコピーとは?
  • キャッチコピーの役割

<キャッチコピーとは?>

主に商品や作品の広告など、何らかの告知や宣伝に用いられ、謳い文句や煽り文句となる文章で、
広告コピー(広告文)の一部である。惹句(じゃっく)とも呼ばれる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

キャッチコピーとは広告に使用される謳い文句というのは分かりました。
ただ、どうやってキャッチコピーを作成するのかよく分からないと思い、
もう少しキャッチコピーについて調べてみました。
もう少し分かりやすくキャッチコピーを噛み砕くと

「何らかの目的のために 何かしらの工夫で人を振り向かせる力のある文章」と定義されるそうです。

そこを踏まえて、キャッチコピーを作っていくかと考えていけば分かりやすくなりますね!

<キャッチコピーの役割>

キャッチコピーの役割を少し明確化させてみます。

1.広告を見るターゲットを引き止めて、キャッチコピーに注目させること。
2.ターゲットが興味を引かれる、パッと見て分かりやすい文章。
3.ターゲットの好奇心を掻き立て、広告の内容を気になるようにすること。

この3点を考慮して、考えていくと良いそうです。
そしてキャッチコピーには説得力あるキャッチコピー5つの法則があります。

1.注意を引く
キャッチコピー最大の役割はターゲットの興味を引きつけること。
興味を引くためには、何らかのインパクトのある文章、ターゲットの感情に訴える文章、
好奇心をそそらせる文章のどれかが必要です。

例:今よりも明日の自分が若く見える方法があるって本当?
お肌ケアにやりがちなミス5つ、あなたもやってしまっていませんか?

2.ターゲットを絞り込む
ターゲット層に響く言葉を選ぶことで、読む人を絞り込む。
万人にアピールするキャッチコピーは、結局誰も振り向かない。

例:なぜ新人起業家は失敗するのか、どうすれば失敗を防げるか
起業家向けのipadアプリ・ベスト10

3.読者をボディコピーへ引っ張り込む

※ボディコピーとは
キャッチコピーのように一言ではなく、商品やサービスの詳細を紹介する文章のことを指します。
「本文」「本文コピー」と呼ばれることもあります。

キャッチコピーは、自社のアイディアを売り込む場ではありません。
キャッチコピーが売り込むべきものは
「(キャッチコピーの指している情報や商品の)情報が気になる」という欲求につなげる事です。
つまり、詳しく説明するとキャッチコピーによって商品やサービスが気になり、その情報を調べたくなるということです。

例:7日間で本を1冊書き上げる方法
あなたがするべき内容はそこにあります

4.「ビッグアイデア」を打ち出す
※ビックアイディアとは、「新しく、面白く伝える発想」のことです。

自社商品の最大のベネフィット(顧客が商品やサービスから得られる効果や利益)は何か。
どうすればそれが確実に手に伝わるのか。
この考えをキャッチコピーに入れ込むとターゲットに伝わりやすくなります。

例:今すぐ仕事の効率化を3倍に上げる方法があります。今の作業が常に正しいとは限りません。

5.信頼を構築する
買い手の注意を引く強力な武器のひとつが、「知名度」です。
「知名度がある芸能人や著名人」を活用できる予算やコネクションがある場合は、
可能な限りキャッチコピー中で使ってみるといいと思います。

例:心理学博士●●●●が明かす、自制心を鍛える秘訣
ハーバード大学の研究で明らかになった。成功者に共通する3つの特徴

以上の5法則を守ってキャッチコピーを書けば、広告は成功する可能性が上がるそうです。
ということは、そのキャッチコピーによって商品やサービスの売り上げも増えるということになります。

また効果的なキャッチコピーには一定のパターンがあります。
スーパーのレジの列に並んでいる時に、
レジ棚に並んだ雑誌の見出しに興味を引かれて思わず手に取ってしまった経験はありませんか?
これもキャッチコピーの効果だそうです。
今回1例を出させていただきます。

ハウツー型キャッチコピー
ハウツー型キャッチコピーではターゲットが望む、
もしくは希望するベネフィット(顧客が商品やサービスから得られる効果や利益)を
引き合いに出すのがコツです。

例:毎日欠かさずブログ記事を書く方法
フリーランサーがもっと多くの顧客を獲得する方法

いかがでしたか?
こういったパターンにハマったキャッチコピーをフルに活用できれば、
自社の広告やセールスにターゲットの興味を引き自社のサービスや商品を購入してくれる可能性が上がりますね。
例を参考にキャッチコピーを考えると思い浮かびやすくなるかと思います。

引用元:セールスライティング レイ・エドワーズ

終わりに

弊社はECの制作代行を実施しております。
弊社へのご依頼などは、以下フォームにご入力いただき、ご連絡いただけますと幸いです。

    入力内容を確認して「送信」ボタンをクリックしてください。

    お問い合わせありがとうございます。
    折り返し担当よりご連絡させていただきますので、今しばらくお待ち下さいますよう、お願い申し上げます。

    は必須項目です。

    氏名(漢字)
    氏名(かな)
    貴社名
    電話番号
    メール
    ウェブサイトURL
    お問い合わせ内容

    こちらからご確認ください